ヒッチ マウント サイクルキャリア
 VOLVO V70XCに、ヒッチマウントのサイクルキャリア THULE T2 XTRを装着してみた。VOLVO V70XCのヒッチメンバーのサイズに合わせて、1-1/4インチ用で2台積めるタイプを購入した。ヒッチマウントサイクルキャリアは、アメリカが充実しており、円高メリットもあったので、購入は、REIの通販を使用した。航空便で届くので、案外早く届いた。THULE T2 XTR サイクルキャリアは大き目のダンボール箱に入っている各パーツを組み立てる作業が必要で、説明書は英語だが、組み立て方法は、絵を見れば、なんとなく分かる。
 サイクルキャリアは、ヒッチメンバーに差し込んで、ヒッチメンバーの穴の位置に付属のネジで固定する。付属のネジの先は、キーでロックできるようになっていて、サイクルキャリアの盗難防止になる。
 このサイクルキャリアは、バイクを積まない時は、キャリアを上向きに90度折りたためるのだが、説明書どおりの位置にバイクを乗せるユニットを取り付けると、自動車に近い側のユニットの前輪のトレイが、車のバンパーの上側に当たるので、少し後ろ目に取り付けた。
 バイクを積むのは、前輪をキャリアのトレイに乗せて、フォークの位置に合わせて、キャリアのアタッチメントで固定し、後輪はラチェット式のバックルで固定するだけなので、簡単に積める。また、このキャリアは、バイクを積んだまま、後ろに傾けられるチルト機能もあるので、バイクを積んだままでも、車のリアハッチゲートの開閉が可能である。ためしに、重量のあるDHのMTBを積んでみたが、車輪を外すことなく、そのまま低い位置で積み下ろしができる。バイクの積み下ろしが、非常に楽で、使い勝手が良い。またそれぞれのバイクのアタッチメントには、ワイヤーロックが付いているので、バイクを積んだまま自動車を離れる時の盗難防止になる。
 なお、普段、MTBを積まない時は、ヒッチキャリアを外して保管しており、キャリアの重量が割とあるが、取り外しや持ち運びは一人で可能である。ようやく念願のヒッチキャリアが使えるようになった。

e0080860_20191735.jpg

e0080860_20194183.jpg

e0080860_2020289.jpg

e0080860_20203151.jpg

e0080860_23314545.jpg

e0080860_23324818.jpg

e0080860_925666.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-08-12 20:23 | MTB | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/18611741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 真夏のスタンド・アップ・パドル... ヒッチメンバー装着 >>