CANNONDALE LEFTY COMPUTER MOUNT
 使っていないサイクルコンピューター CATEYE ストラーダワイヤレスがあったので、CANNNONDALE FLASH CARBON 29ERに取り付けた。
 このMTBは、レフティの片持ちサスペンションで、そのままでは取り付けられないので、純正のレフティ用コンピューターマウント使用したが、前輪のディスクブレーキ径が180mmで大きかったため、ディスクに干渉しないフォークの位置に取り付けようとすると、取り付けるタイラップの位置が斜めになってしまった。コンピューターマウントは、薄いゴムのシートをかましてフォークに取り付けたので、とりあえずは、ずれることなく止まっている。160mmのディスクだったら問題なく取り付けられると思う。
 また、サイクルコンピュターのセンサーが大き目であったため、マウントの取り付け部には、ぎりぎり収まったが、取り付けるタイラップが、マウントの付け根の三角の補強部分に干渉する。三角部分を、切り取ってもよかったが、とりあえず、タイラップが斜めのままで取り付けた。
 純正のレフティ用コンピューターマウントを使った割には、収まりは、いまいちだったが、サイクルコンピューターはあると便利なので、当分、そのまま使ってみるつもりである。

e0080860_16441211.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-11-18 23:10 | MTB | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/19243335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< CANNONDALE SUPE... AUTOGLYM(オートグリム) >>