SUPERSIXの調整ライド
 CANNONDALE SUPERSIXのライディング・ポジションを長めの距離を走りながら、楽に長く走れる方向で調整。まずステムは100mmより短めが良さそう。また長時間乗ると、パッド入りのショーツをはいているのに、おしりが痛くなる。シートポストの高さ、サドルの位置を5mm単位で微調整したが、あまり改善しない。Fi'zi:k Arioneサドルが、自分には合わないのかもしれない。また、スピードが出る分、普段用の眼鏡では、目に風の巻き込みを感じ、集中して乗っていられなかった。スポーツ用のサングラスが有った方が良さそうだが、目が悪いので、度付にする必要があり、カーブの多いレンズの加工ができるサングラスが、近くで作れるところがあるのかリサーチ必要。また、ケイデンスが計測できるサイクルコンピュターもあった方が良いと思った。やはり色々必要になってくる。

e0080860_16422422.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-11-25 22:49 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/19283245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< EASTON EA90 SL ... CANNONDALE SUPE... >>