EASTON EC90 ZERO CARBON SEAT POST
 CANNONDALE SUPERSIXのシートポストを交換。SUPERSIXに装着されていたCANNONDALE C2 SEATPOSTは、オフセットしたタイプであり、サドルの位置が後ろ目に感じたので、オフセットの無いストレートタイプのEASTON EC90 ZERO CARBON 31.6×300mmにした。カーボン製なので、FINISH LINE FIBER GRIPを薄く塗って、締めすぎないように取り付けて、ポジションの調整のため少し走ってみたが、しばらく乗っていると、サドルの位置よりも、SPDシューズのクリートの位置が合っていないように感じてきた。これまでクリートの位置は、水平な地面で、足の拇指球の位置に合せていた。しかし実際のペダリングでは、かかとが少し上がるので、クリートの位置が、少しかかと側(後)寄りになっていて、本来の位置は、もう少しつま先側(前)でも良さそうに思えるが、今日のところは時間切れとなり、調整しきれず終了。

e0080860_19293498.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-03 19:31 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/19459735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SPDシューズのクリート位置調整 パタゴニア京都 >>