冬のBIKEライド・ウェア
 冬にロードバイクに乗るようになってから、乗っていて寒さを一層感じるようになり、防寒対策が欠かせなくなってきた。基本はMTB乗りなので、MTBに乗る時と同じような恰好だが、ロードバイクに乗る時は、防寒グッズが欠かせなくなった。
 頭部は、特に耳が寒く感じるので、耳までカバーするビーニーをヘルメットの下に被る。寒さやライディングの強度によって、パタゴニアのウール混またはキャプリーン4のビーニーを着用。
e0080860_20443619.jpg

 トップのベースレイヤーには、パタゴニアのキャプリーン4のジップネックを着用。今シーズンモデルから生地素材が改良されたようで、保温性があるが、汗冷えが少ない。内側の薄手のフリースのグリッド構造が、通気性もあって快適な着心地になっているようだ。今シーズンのキャプリーン4は、自分的にはヒット商品で、買ってよかった一品。そんなに寒くなければ、ベースレイヤーとモンベルのサイクルジャケットだけで十分だが、寒さに応じて、パタゴニアのナイン・トレイル・ジャケットや下にR1かR2のフリースを着る。グローブはパールイズミの防風タイプ。
e0080860_20451273.jpg

 パンツは、パッド付のサイクルショーツかCWXの上に、パタゴニアのクールウェザー・タイツ。ピチピチのシルエットではなく、トレイルランニング用のややルーズな感じのシルエット。耐風性があって暖かい。また、途中にお店に行ったりするようなツーリングメインの時は、ミレーのクライミングパンツを着用。冷える足先には、パールイズミの厚手のソックス。足先のあまりの寒さにシューズカバーも考えたが、自転車を降りた時の見た目が格好悪いので、ロードバイクで寒さに我慢できなくなったら、靴用の使い捨てカイロを使ってみようと思う。
 マウンテンバイクにもロードバイクにも合うようなウェアとして、自転車用ではないが、各アウトドア・ブランドのトレイル・ランニング系のウェアが充実しているので、使えるように思う。
e0080860_20453610.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-14 20:48 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/19546127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2013-02-03 ロードバ... 2013-01-06 初詣ツーリング >>