サイクルコンピューターのタイヤ周長の設定
 CANNONDALE SUPERSIX に取り付けているCATEYEのサイクルコンピュータだが、一日走ってみて表示される走行距離が短めに感じたり、スピードが遅めに表示されているように思い、タイヤの周長を実測して再設定してみた。SUPERSIX のタイヤは、シュワルベ DURANO S 700×23C で、CATEYEのマニュアルでは、700×23c の場合、周長は 2096mm と記載されており、マニュアル通りの数値を入力していた。周長の計測方法は、タイヤの空気圧を普段の走行時と同じにし、バイクにまたがって路面でタイヤを1周分前進させて、進んだ距離をメジャーで計測。一人で計測したため誤差がありそうで、数回計測したところ、平均的には2120mm。計測結果は、マニュアルと全然違ったので、サイクルコンピューターの表示が怪しい場合、タイヤの周長を実測した方が良いです。

e0080860_2020815.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-04-21 20:20 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/20339819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SPDシューズのクリート位置の調整 2013-04-14 ロードバ... >>