GARMIN OREGON 650TCJ をロードバイクに取り付け
 GARMIN OREGON 650TCJ をロードバイクCANNONDALE SUPERSIXに取り付ける。オレゴン専用のハンドルバーマウントブラケットを使用。ブラケットをステムに取り付けようと考えたが、EASTON EA90 SLのステムの形が大きく、手持ちのタイラップでは短すぎて届かなかったので、ハンドルバーのセンター寄りに取り付けた。ハンドルバーマウントブラケットは、オレゴンの背面のマウントアングルにスライドさせて固定するので、結構頑丈だが、万が一落下させないよう、オレゴンのマウントアングルのDリングに、携帯電話用のストラップを付けて、ハンドルに通している。

e0080860_1158439.jpg

 また、OREGON 650は、ANT+のセンサーを接続できるので、スピード/ケイデンスセンサーGARMIN GSC10を取り付けた。ただし、オレゴンで計測するのは、ケイデンスのみで、タイヤの回転数から計測するスピードセンサーには対応していないので、マグネットはペダルのみ取り付け、スポークには取り付けていない、速度はGPSで計測するようだ。

e0080860_1159532.jpg

 ロードバイクでOREGON 650をサイクルコンピュターとして使うのには、アプリケーションのトリップコンピューターを使うのだが、表示できる項目が、画面上部のダッシュボードと、その下のデータ項目で、データ項目は1ページに最大8つ(項目数2、5、6、8)表示可能。ページは最大10ページまで設定可能なので、表示項目は乗りながら検討しようと思う。ロードバイク用とMTB用の表示項目を別ページにして表示できる。ダッシュボードは、共通する速度表示がよさそう。これまで使用していたCATEYEのサイクルコンピュターと比べると、画面も大きく、表示できる情報量も多いので、とても使いやすくなった。

e0080860_1159126.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-12-28 22:57 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/21504887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< GARMIN OREGON 6... GARMIN OREGON 6... >>