2014-11-03 MTB 野洲トレイル&グラベルライド
 700×32Cのタイヤを装着したMTBのCANNONDALE FLASH 29ERでトレイルとグラベルを走る。MTB用のタイヤに比べて幅が細く、軽く漕げるので、舗装路やダートでは良いペースで走れる。トレイルとグラベルでは、良い意味で、タイヤの細さによるシビアなコントロール感を久しぶりに感じた。フロントサスペンションがあるが、これまでMTB用のタイヤ幅や性能のおかげで楽に乗れていたところでも、32CのCG CXタイヤの限界は、MTB用のタイヤよりは低いので、激しいトレイルではなかったが、MTBに乗らされているのではなく、コントロールしている感があって楽しい。 激しいガレ場やロックセクションを走るのではなく、自宅から自走してトレイルやグラベルを走るスタイルであれば、700×32CのCX用タイヤを付けた29ERのMTBは面白いと思う。

e0080860_21515197.jpg

e0080860_2152926.jpg

e0080860_21522884.jpg

e0080860_21524234.jpg

e0080860_21525651.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-11-03 20:13 | MTB | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/22538856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2014-11-08 ロードバイク PANARACER CG CX >>