2014-11-24 ロードバイク
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXで、紅葉スポットをツーリング。舗装路ではMTBよりドロップハンドルのロードバイクが早く走れるので、自走できる範囲が広がる。途中、森の中のグラベルも、乾いた土の路面だったので、25CのCONTINENTAL GRAND PRIX 4000S2タイヤで走った。CONTINENTAL GRAND PRIX 4000S2は、パンクに強いと言われているが、ロードバイクで未舗装路を走るのは、やはりパンクの不安がある。最近、グラベルロードというジャンルのバイクがあり、グラベルロード用のやや太めのタイヤも販売されていて、26Cか28Cまでぐらいの太さなら、SUPERSIXにも装着できるように思えるので、今後、研究してみたい。

e0080860_2054322.jpg

e0080860_2061027.jpg

e0080860_206378.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-11-24 20:05 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/22595949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< PIAA LEDライセンスプレ... 2014-11-15 MTB ... >>