FI'ZI:K ALIANTE VERSUS Xのセッティング
 CANNONDALE FLASH 29ERに取り付けたサドル FI'ZI:K ALIANTE VERSUS Xを、トレイルまでの行き帰りに自走しながら調整した。前に装着していたPROLOGO NAGO EVO X10に比べて、 ALIANTE VERSUS Xは、サドルのパットの厚みがあるので、シートポストを数ミリ下げる。また、サドルの座面について、PROLOGOはフラットなので、水平にセッティングしやすく、サドルの前後のどこの位置に座っても、それなりに乗れていたのだが、長い距離を走ると、尿道の圧迫感が出てくる。ALIANTE VERSUS Xは、サドルの座面が、後ろ上がりの微妙なS字なので、座る位置によって、どの位置が水平になるようにセッティングすれば良いかが分かりにくく、乗りながら、サドルの前後の位置や傾きを調整して、乗っていて違和感の無い位置を決めていった。ALIANTE VERSUS Xは、サドル位置をきっちりセッティングすることが必要だが、サドルの位置が決まれば、不快な違和感や痛みは感じないので、サドルのセンターの溝の効果はあるように感じる。ただ、サドル表面の素材が、やや滑りやすく感じるので、何か対策が必要かも。

e0080860_11454880.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2015-02-22 11:49 | MTB | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/22826245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015-03-08 MTB ... MTB 野洲トレイル >>