CONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2に交換
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXのタイヤを交換。これまで付けていたMICHELIN POWER ENDURANCE 700x23Cは、ENDURANCEと命名されているだけあって、これまで一度もパンクせず、性能が良いタイヤだが、これまで使ってきたタイヤに比べると、減るのが早く、スリップマークがすれすれになってきたので、トラブルが出る前に交換した。
 次のタイヤはいろいろ悩んだが、再びCONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2にする。以前に25Cを付けたことがあったが、タイヤとフレーム、フォークやブレーキの隙間がわずかで、悪路を走った場合、路面の土などを拾って、タイヤサイドに傷が入ったので、今回は23Cにした。
 CONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2に乗った感じは、MICHELIN POWER ENDURANCEに比べると、下りカーブでのグリップ感が良く感じた。タイヤの性能は、軽くて速いにこしたことはないが、ロングライドでパンクトラブルが出ないのがよいと思う。

e0080860_8184340.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-23 08:01 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/25732732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< モンベル フロントバッグ 2017-04-22 ROAD... >>