NAISH HYDROFOIL WINDSURF BOARD
 今日は、琵琶湖でSUPのレースイベントがあり、見学に行ったら、会場のNAISHのブースに、ウインドサーフィンのフォイルボードHOVER 122とハイドロフォイルのTHRUST WS1があったのでチェック。お話しを聞いてみたところ、HOVER 122は、フォイル・ウインドサーフィン用としてデザインされているので、セイルアップが容易なボリュームを残しながら、浮き上がってからのコントロールがしやすいらしい。THRUST WS1は、2列のUSボックスで、ボードに取り付けるようになっていて、前後に調整できる。フォイルのセッティングは、前のウイングが、体(ストラップを入れた両足)の中心になる位置にするようで、後ろのウイングで、浮き上がりの加減を調整するようになっている。ウインドサーフィンでセイル7.0でプレーニングするぐらいの軽い風の時に、ハイドロフォイルなら5.7で浮き上がるそうなので、ライトウインド用として、とても魅力的なボードである。

e0080860_17501719.jpg

e0080860_1750347.jpg

e0080860_17505058.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2017-09-09 23:32 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://biwakofr.exblog.jp/tb/26053070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
2017-09-02 ウインド... >>