カテゴリ:ROAD BIKE( 187 )
2013-03-30 ロードバイク トレーニング
 今日は天気が良いが、ヒノキ花粉の飛散が最盛期だそうで、MTBで山に行くのは止めにして、ロードバイク CANNONDALE SUPERSIXでトレーニング。風があって少し寒かったので、PATAGONIAのソフトシェル ジャケットに、RAPHA HI-VIS ジレを着用。ピンクのジレは目立つようで、自動車が余裕を持って避けてくれていた。しかし、今日は、花粉の飛散が多いようで、使い捨てのマスクを着けていたが、乗っているうちに、目はしょぼしょぼしてくるし、鼻水が止まらなくなってきたので、1時間ほどで引き返して帰る。花粉の飛散シーズンが早く終わって欲しいと思う。

e0080860_16272268.jpg

e0080860_19534185.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-03-30 19:55 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
Rapha Hi-Vis Gilet
 ロードバイク CANNONDALE SUPERSIXに乗る時のウェアは、バイクのフレームのカラーが黒×白で、冬の時期でもあったので、黒系のウェアが多かった。ロードバイクでは、基本的に車道を走行しているが、ぎりぎりのスペースで自動車に追い抜かれ、風圧でふらっとしたり、脇道から急に自動車が出てきてヒヤッとしたことがあった。自動車のドライバーから良く見えるウェアが必要だと思い、ジレを持っていなかったので、Rapha Hi-Vis Giletを購入。視認性の良いピンクカラーで、反射素材のストライプ付き。防風素材だが背中はメッシュで通気性が良くなっている。背中にはジッパーポケットもあるので便利。

e0080860_23533022.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-03-23 23:57 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-03-03 ロードバイク トレーニング
 昨日の土曜日は、雪の舞う天気で、自転車はパス。今日は天気も回復し、少し寒いがロードバイクCANNONDALE SUPERSIXで走りこむのには、ちょうど良いぐらいの天気。しかし、スギ花粉が飛ぶ季節になってきた。今日は、不織布の使い捨てマスクを着けて乗ってみたが、強度を上げると息苦しいし、マスクの内側は結露して水滴でびっしょり。乗っていて水分補給するのも不便で、使い心地はいまいち。花粉症持ちなので、つらい季節になってきた。

e0080860_16284357.jpg

e0080860_16285674.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-03-03 20:57 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
冬の街乗りロードバイクウェア
 ロードバイクの冬の街乗りスタイル。トレーニング用のウェアでお店に入ったりすると、街中では浮いてしまうので、カジュアル・スタイルに、ロードバイク乗りの要素をプラス。CANNONDALE SUPERSIXの色が黒×白なので、モノトーン気味のコーディネート。トップは、パタゴニアのソフトシェル。寒さによって中にフリースなどを重ね着する。ボトムは、ユニクロのブラックジーンズ。バイクに乗る時には、右足部分をクランクのチェーンリングに引っかからないように折り返す。短い距離の移動の場合は、ヘルメットの代わりに、ビーニー。グローブは、冬用としていつも使っている防風グローブ。シューズはシマノSPDで、ビンディングの金具が付いているが、歩くのには問題ない。荷物はバックパックに入れて、頑丈なワイヤーロックを携帯する。街乗りの場合、盗難防止対策は欠かせない。

e0080860_18252139.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-03-02 23:46 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-02-23 CITY RIDING
 今日は市内でいろいろ用事があり、天気も良かったので、ロードバイク CANNONDALE SUPERSIXで出かける。週末の市内の道路は自動車で混んでいるので、わずかな距離なら、自動車よりも自転車で移動する方が早い。ただしお店などに入っている間の盗難対策は必要で、良く見える目立つところに置いて、頑丈なワイヤーの鍵で動かないフェンスや柵に固定する。普段用として、もう少しラフに乗れるシングルスピードのピスト風のバイクがあってもいいなと思う。

e0080860_19282853.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-02-23 19:27 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-02-11 ロードバイク トレーニング
 CANNONDALE SUPERSIXでトレーニング走行。自宅を出るときは、風が強くて寒かったが、日差しはあったので、湖岸沿いを北上していたら、雪交じりの時雨れ模様の天気になってきた。顔に当たる雨が冷たくて我慢できなくなり、引き返して南下する。強度を上げて走っていたら、汗ばむ感じだったが、ベースレイヤーのパタゴニア キャプリーン4は、汗がすぐに乾き、体が冷えないので、今日のような寒い日の運動には、ちょうど良かった。先週末や昨日は、今の時期にしては暖かかったが、冬型の天気になると、まだ寒い。

e0080860_163244.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-02-11 19:20 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-02-03 ロードバイク ツーリング
 ロードバイク CANNONDALE SUPERSIXで、琵琶湖岸をツーリング。1月は雪が降ったり、時雨れ気味の天気が多く、あまり走れなかったので、キャンプインではないが、ようやく今年のスタートという感じ。風はまだ冷たかったが、晴れて日差しはあり、冬でもロードバイクに乗っていたので、寒さにも慣れてきたようだ。日差しは春らしくなって、夕方も日が長くなってきた。

e0080860_1632587.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-02-03 21:37 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
冬のBIKEライド・ウェア
 冬にロードバイクに乗るようになってから、乗っていて寒さを一層感じるようになり、防寒対策が欠かせなくなってきた。基本はMTB乗りなので、MTBに乗る時と同じような恰好だが、ロードバイクに乗る時は、防寒グッズが欠かせなくなった。
 頭部は、特に耳が寒く感じるので、耳までカバーするビーニーをヘルメットの下に被る。寒さやライディングの強度によって、パタゴニアのウール混またはキャプリーン4のビーニーを着用。
e0080860_20443619.jpg

 トップのベースレイヤーには、パタゴニアのキャプリーン4のジップネックを着用。今シーズンモデルから生地素材が改良されたようで、保温性があるが、汗冷えが少ない。内側の薄手のフリースのグリッド構造が、通気性もあって快適な着心地になっているようだ。今シーズンのキャプリーン4は、自分的にはヒット商品で、買ってよかった一品。そんなに寒くなければ、ベースレイヤーとモンベルのサイクルジャケットだけで十分だが、寒さに応じて、パタゴニアのナイン・トレイル・ジャケットや下にR1かR2のフリースを着る。グローブはパールイズミの防風タイプ。
e0080860_20451273.jpg

 パンツは、パッド付のサイクルショーツかCWXの上に、パタゴニアのクールウェザー・タイツ。ピチピチのシルエットではなく、トレイルランニング用のややルーズな感じのシルエット。耐風性があって暖かい。また、途中にお店に行ったりするようなツーリングメインの時は、ミレーのクライミングパンツを着用。冷える足先には、パールイズミの厚手のソックス。足先のあまりの寒さにシューズカバーも考えたが、自転車を降りた時の見た目が格好悪いので、ロードバイクで寒さに我慢できなくなったら、靴用の使い捨てカイロを使ってみようと思う。
 マウンテンバイクにもロードバイクにも合うようなウェアとして、自転車用ではないが、各アウトドア・ブランドのトレイル・ランニング系のウェアが充実しているので、使えるように思う。
e0080860_20453610.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-14 20:48 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-01-06 初詣ツーリング
 CANNONDALE SUPERSIX のライディング・ポジションの調整をかねて、近くの神社を巡ってツーリング。今年一年の無事故、無病息災を祈願する。今日は走っていて、風は無かったものの、曇っていて気温が上がらないので、とても寒い。防寒装備で乗っていたのだが、足元だけは、靴下を2枚履きをせずに、SPDシューズに冬用の厚めのインソールを入れて乗ったのが失敗。ペダルを漕いでいて、風が当たるので、つま先は温まらず、インソールを厚くしても全く効果無し。

e0080860_1636454.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-06 20:13 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
SPDシューズのクリート位置調整
 CANNONDALE SUPERSIXシートポストを交換し、サドルの位置を調整していたら、SPDシューズのクリートの位置が合っていないように思えてきて、SPDシューズのクリートの位置を調整する。クリートの位置は、足の拇指球と小指球の線上にペダル軸がある位置が良いとのことであり、これまでのクリート位置は、理論上大体合っているようだが、乗っていて後ろ目に感じたので、つま先側に5mm動かしてみた。SPD自体は、ペダルとの接点が点で、左右に遊びがあるので、SPD-SL ほどセッティングはシビアではなく、5mm程度では感覚的に変わらないかもしれないが、とりあえずこのセッティングで乗ってみる。このSPDシューズは、MTBでも使っていて、山でMTBと押し上げたりして歩いているので、クリートが大分減ってきたようだ。今度クリートを交換しようと思う。

e0080860_16374059.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-05 23:58 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)