<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
山門水源の森
 「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」が主催される自然観察会に参加。滋賀県の里山に、こんな自然が残っていたのかという驚きと、この会が10年にわたって取り組まれてきた湿原と周辺の森林の保全活動に敬意を表したいと思う。

e0080860_2243386.jpg

by biwako_freeride | 2011-05-21 22:35 | OUTDOOR | Trackback | Comments(1)
2011-05-08 ウインドサーフィン 琵琶湖
 今シーズン初ウインドで琵琶湖へ。北風でセイル6.3のマイルドなコンディション。久しぶりのリハビリ・ライドにはちょうど良かった。今日は、5月らしい天気で、気温は高めだが、まだ水温が低そうなので、ドライスーツを着用。裸足なので、最初に水につかった時に、足が冷たく感じるが、乗っているうちに慣れてくる。ようやく琵琶湖もシーズンインです。

e0080860_2104761.jpg

e0080860_211990.jpg

by biwako_freeride | 2011-05-08 21:02 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
X-FUSION HILO 取り付け
 CANNONDALE GEMINI のシートポストを可変式のX-FUSION HILOに交換する。ハンドルバーに取り付けるワイヤー引きのリモート・レバーも付属していたが、とりあえずシートポストに取り付けるレバーで操作する。シートポスト径が27.2mmなので、最大に伸ばした時、見た目の細いポストが不安に感じるが、ポスト自体は、持った感じで重量があるし、3D的な激しい乗り方はしないので、大丈夫だろう。
 走りながら下げるのは、レバーを操作しながらサドルに座って体重をかければよいので、簡単。走りながら上げるのは、レバーを操作しながら、サドルからおしりを浮かして、体重を抜くのだが、もう少しシャキーンと上がって欲しい感じなので、シートポストのエア圧を高くしてみようと思う。

e0080860_23473759.jpg

e0080860_23481355.jpg

by biwako_freeride | 2011-05-03 23:59 | MTB | Trackback | Comments(0)
SHIMANO XTR TRAIL SPD PEDAL 取り付け
 CANNONDALE RAVEN のペダルをSHIMANO XTR TRAIL SPD PEDAL に交換。
 このペダルは、薄型のペダルゲージがあって、靴底に接する踏み面が広いタイプ。XTRトレイルと言うだけあって、XCレーシングタイプの固い靴底のSPDシューズよりも、トレッキング・シューズタイプのSPDの方が良さそう。実際のトレイルでの使用では、踏み面が広く安定感のあることのメリットはかなり大きいと思う。
 なお、ビンディングのバネは、走行中のアクシデント時に外れやすくするのに、弱めのホールドにしているが、最弱だと乗っていてビンディングのホールド感が頼りなく感じたので、1クリック強めた。

e0080860_2174144.jpg

by biwako_freeride | 2011-05-03 21:08 | MTB | Trackback | Comments(0)
SPDシューズにクリート取り付け
 普段履きになってしまっていたトレッキングタイプのSPDシューズ(SHIMANO MT91)に、ようやくクリート(SH51)を取り付ける。
 靴底にねじ止めされているカバーを外すと、クリートのボルトを止めるプレートが靴底にある。プレートは固定されていて、前と後の2つの位置しか止められないように思えたが、よく見ると、靴底のプレートは、前後方向に無段階に動くことが判明。クリート側で左右も調整できるので、クリートの位置は、自分の足の位置に合うように微調整可能。
 この靴は、普段履きで十分なじんできたので、いよいよMTBでトレイルへ。

e0080860_20401088.jpg

by biwako_freeride | 2011-05-03 20:40 | MTB | Trackback | Comments(0)