<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
SHIMANO XT SPD TRAIL PEDAL
 MTBのペダルは、シマノSPDのビンディングタイプだが、最近は、トレイル・ペダルというケージが付いているタイプが、シューズとペダルの踏み面の接地感が良く、安定感があって、トレイル・ライディング向きなので、お気に入り。CANNONDALE FLASH 29ERには、XTRのトレイル・ペダルを付けているが、トレイルを走っていると、ペダルのケージを、いろいろなところに無意識にぶつけているようで、いつの間にか傷だらけ。山道をがんがん走って、どうせ傷だらけになるのなら、コストパフォーマンスの高いXTでも十分だったかなとも思う。このXTトレイル・ペダルは、CANNONDALE GEMINIに装着予定。

e0080860_2202013.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-29 22:02 | MTB | Trackback | Comments(0)
PANARACER CG XC 29×2.25
 CANNONDALE FLASH 29ERのトレイル用のタイヤとして、パナレーサーCG XC 29×2.25を購入。
 現在装着しているシュワルベ・レーシングラルフ2.25は、「レーシング」と命名されているだけあってXCレーシング用として、ドライのハードパック路面には、軽くて抜群だと思うが、下りのグリップ感が、フリーライディングで、楽しく下るというより、XCレーシングで上手い人が使うような感じ。コースコンディションにもよるが、ゆるめに楽しくトレイルを走るのには、もう少しブロックが大き目でグリップ感のあるタイヤの方が良いように感じていた。
 トレイル用の29インチタイヤの候補として、レーシングラルフには、2.4の太いタイヤ幅のサイズもあったが、ブロックのパターンは、2.25と似ているのでパス。その他トレイル~オールマウンテン系のケンダ・ネヴェガル2.2、マキシス・アーデント2.25、2.4なども候補だったが、以前26インチMTB用に装着して調子の良かったパナレーサーCG XCにした。レーシングラルフより重いのは仕方がないが、漕ぎの軽さとグリップの両方を目指したタイヤで、トレイル・ライディング用として期待大。

e0080860_23393163.jpg

e0080860_23395156.jpg

e0080860_23401190.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-20 23:41 | MTB | Trackback | Comments(0)
冬のMTBトレイルライド・ウェア
 冬のMTBでのトレイル・ライド用のウェアについて、機能的には、XCレーシング用のジャージやタイツが優れていて、レーシングジャージで乗っていると気合が入って良いが、レース本番でもないのに、変に目立ち過ぎるのはどうかなあと思っているので、山の中や街中でも違和感が無い程度のアウトドアスタイルにしている。
 ベースレイヤーは、PATAGONIA・キャプリーン3・ミッドウエイト・ジップネック。寒い時期は中厚タイプ。ジップネックは、体温調節に便利。
 ジャケットは、ナイン・トレイルズ・ジャケット。基本的に雨が降らない場合に着用。非常に軽く、背中と脇の下は透湿性のある素材。冬でも天気が良ければ、中厚のベースレイヤーとジャケットのみで寒くない。
 休憩中や下りや行き帰りで寒い時は、中にフリースのR1フルジップ・ジャケットを着る。マウンテンバイクの場合は、トレイルのアップダウンなどで冬でも暑くなるので、ウェアを脱ぎ着して体温調整するのが良いと思う。
 パンツは、L.L BEANのストレッチ素材のスリムタイプのトレッキングパンツ。下にCWXのタイツを着用。
 その他、非常用工具、予備チューブ、補給食などを入れるバックパックは、GREGORY MIWOK、トレイルでMTBの走行中に、ハンターやハイカーなど他の人に気づいてもらえやすくするためのクマ除けの鈴、シューズはシマノSPDのミドルカットのトレッキングシューズなど。

e0080860_22343534.jpg

e0080860_22345363.jpg
e0080860_22351017.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-15 22:38 | MTB | Trackback | Comments(2)
2012-01-09 MTB 野洲トレイル
 ようやく2012年の活動スタート。お正月は運動もせず、食べて、寝てばっかりで、MTBに全く乗れていなかったので、今日は、CANNONDALE FLASH 29ERで、ダブルトラックの林道をメインに走りこむ。今日は、冬の割には晴れて天気も良く、ダートの路面はドライ。タイヤは、シュワルベ レーシングラルフ29×2.25だが、軽量なので漕ぎも軽く、今日走ったコースの路面の程度なら、29インチのタイヤボリュームのおかげで、快適に走れる。やはりこのタイヤは、ドライのハードパック路面向きであるのを改めて認識。今日は乗っていても、風はおだやかで寒さは感じず、29ERのMTBには良いコンディションだった。

e0080860_213046.jpg

e0080860_21304266.jpg
e0080860_21311677.jpg

e0080860_21314748.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-09 21:34 | MTB | Trackback | Comments(0)
ハロルド・イギーに捧ぐ
 最近、悲しいニュースが続く。NAISH(ナッシュ)のボード・シェイパーであるHarold Iggy(ハロルド・イギー)が、ハワイ カイルアで、ダウンウインドの18'のSUPのプロトタイプのテスト・ライディング中、心臓発作で亡くなられたとのこと。
 ハロルド・イギーは、ミストラルの時代からロビー・ナッシュのボード・メイキングに携わってこられ、独特のサーフデザインで、ロビーのライディングを生み出す、ハロルド・イギーがシェイプするNAISH(ナッシュ)は、私にとっては憧れのボード・ブランドである。
 実は、現在所有するウインドサーフィンやパドルボードは、プロダクションだが、すべてNAISHであり、特に、SUPのGLIDEは、ボードのボトムに、ハロルド・イギー・シェイプのマークが入っている。これからも心して、大事に乗っていきたいと思う。ご冥福をお祈りします。

e0080860_23315890.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-07 23:34 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)