<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
愛宕山登山
 今日は京都の愛宕山(924m)に登る。清滝からの表参道は、以前に登ったことがあるので、JR保津峡駅からツツジ尾根を登るコースを行く。ツツジ尾根の登り口は、国土地理院の地図の点線の位置と違い、駅を降りて、橋を渡って右に行ってすぐのところ。テープの印もあったので、すぐに分かった。後は尾根道で迷うことなく分かりやすいルートである。登り口から尾根までの取り付きと米買道を過ぎてからが急坂であるが、それ以外は歩きやすい尾根道であった。水尾別れの手前付近で表参道に合流する。頂上付近は雪が積もっていたが、溶けてべた雪なので、アイゼンは必要なし。愛宕神社に参拝し、昼食後、表参道を清滝へ降りる。今日は、補給食として「5個入り薄皮あんぱん」が良く効いた。
 今日の愛宕山は、頂上付近は積雪がありそうで、寒いかもしれないと思って、3層ゴアテックスのパタゴニアのスーパーアルパイン・ジャケットを着て行ったが、天気は晴れて風が無く、登りでは、ベンチレーション・ジッパーを全開にしても暑すぎ。ジャケットを脱いで、キャプリーン3だけで登る。頂上での神社参拝と昼食時には、R2のフリースをジャケットの中に着たが、念のために持っていったナノ・パフジャケットは全く必要なかった。今日の天候ならば、ベースレイヤーとソフトシェルで十分だった。
 あと、今日の登山で全く使い物にならなかったのは、ドコモ・スマートフォンのXPERIAで、インストールしている「地図ロイド」のアプリは、通話圏外でも地図を事前にキャッシュしておけは、内蔵GPSで、現在位置を確認できるのだが、今日は気温が低すぎて、充電池が働かず、電圧が低いせいか、登山途中で勝手にシャットダウンしてしまった。体温で温めて、電源オンにして再起動しようとすると、起動時に、通話圏外なので「ドコモ安心スキャン」が認証できないというエラーが出て、強制終了してしまう。ドコモ安心スキャンをアンインストールしようと考えたが、何回電源を入れ直しても、同じエラーで強制終了するため、登山途中からは全く使えず。結局、携帯の電波がつながるところまで下りてきて、ようやく起動できる。
 今日登った愛宕山は、土地勘はあったし、登山道や標識もよく整備されているので、道に迷ったりすることは無いが、やはりスマートフォンを登山用GPSの代わりにするのは無理なようで、安心のためにハンディGPSが欲しくなってきた。ドコモ安心スキャン(無料アプリ)は、自宅に帰ってから即削除。

e0080860_91773.jpg

e0080860_9175327.jpg

e0080860_9182696.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-29 23:30 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
2012-12-23 ロードバイク トレーニング
 今日も寒いが、CANNONDALE SUPERSIXでトレーニング。これまでの反省により、手足先や耳の防寒対策はバッチリ行う。ヘルメットの下には、ビーニー・ハットを深めに被って、耳までカバー。グローブは、防風タイプのパールイズミのウインターグローブ。SPDシューズの下には、靴下を2枚重ねで履いた。風は冷たかったが、これで寒さを気にせずロードバイクに乗れるようになった。後は、普段用の眼鏡では、乗っていて冷たい風の巻き込みがひどいので、風よけのために、度付のスポーツ用サングラスがあれば完璧か。
 普段のトレーニングとして、ロードバイクに乗るようになってから、わずかな時間でも乗れる時は乗るようにしていたら、体重がいい感じで落ちてきた。私は、基本MTB乗りであるが、MTBの場合は、自宅から近くのトレイルまで自走または車載して、片道30分~1時間かかり、そこから山に登って、下って帰ってくると、短めのコースでも半日かかる。わずかな時間しか無い場合や夜間でも、舗装路を走るロードバイクの場合は、時間に応じて、自宅を出発して帰ってくるだけでトレーニングになるのが良いと思う。世間一般では、マウンテンバイクよりロードバイクの方が人気であるのが改めて納得である。

e0080860_16402835.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-23 23:06 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
NAISH GLIDE ノーズ修理
 NAISH GLIDE 12'のノーズをどこかでぶつけたようで、水に浸けると、ウッドの部分に水がしみ込んで、先端のつなぎ目が開いてきた。ショップに修理を依頼していたところ、修理が出来上がったとのことで、今日、引き取りに行った。修理は、ウッド部分を完全に乾燥させた後、クロスと樹脂で再ラミネートしたそうで、ウッド部分の見た目は変わらず仕上がった。今日は、12月にしては暖かい北風で、琵琶湖でウインドサーフィンをしている人は多かったが、先週、雪が降って以来、琵琶湖のシーズンは終了モードになっている。

e0080860_22263545.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-16 22:29 | SUP | Trackback | Comments(0)
2012-12-07 ロードバイク トレーニング
 CANNONDALE SUPERSIXのライディング・ポジションのセッティングが決まってきたので、本格的に乗り始めた。今日の天気は冬型で寒く、走っているうちに体は温まってくるが、冷たい北風が強くて、グローブやシューズの下の手と足先が全く温まらない。そのうち天気も時雨れてきて、頬っぺたや耳が、寒さで我慢できなくなり、引き返す。山の中でMTBに乗っている時は、あまり寒さは気にならなかったが、冬に、風よけの無い吹きっさらしの道を走るロードは、やはり冬用のグローブ、ソックスなど、それなりの防寒が必要だと思った。

e0080860_16412535.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-08 23:55 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CATEYE V2C
 CANNONDALE SUPERSIXにサイクルコンピューターを取り付けた。トレーニング用として目安になるケイデンスが計測できるタイプ。心拍計が必要になれば、ランニングでも使える腕時計タイプを買い足せばよいと思い、スピード、ケイデンス、時計表示ができるものにした。取り付けは、左チェーンステーにセンサーをタイラップで固定し、後輪のスポークと左クランクにマグネットを取り付ける。サイクルコンピュターは、ハンドルバーに取り付けた。ワイヤレスなので配線は必要無く、見た目はすっきりする。試に走ってみると、走行中にスピードやケイデンスが確認できるのは、やはり便利だが、ボタンが小さ目で、グローブをしていると、走行中に操作するのは慣れが必要。

e0080860_212522.jpg

e0080860_21252129.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-02 21:33 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
EASTON EA90 SL STEM
 CANNONDALE SUPERSIXのステムを、EASTON EA90 SLに交換。 乗っていてハンドルバーの位置が、少し遠いように感じたので、初めから付いている100mmのC2ステムより短い80mmにした。見た目は大きめだが、素材がカーボンなので軽く、デザイン的には恰好良いと思う。また、ステムを取り付ける際に、手持ちのスペーサーで5mm上げて、サドルを1cm前にしてみたら、ポジションがしっくりしてきた。今日は、時間があまり無かったので、近くを走っただけだが、これで長距離を走って、乗り込んでみようと思う。

e0080860_20174964.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-02 20:18 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)