<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2013-08-31 ロードバイク トレーニング
 今日は、雨が降る前に帰ってこれるように、ロードバイク CANNONDALE SUPERSIXに乗る。曇り気味の薄日で日差しも弱く、風もあったので、真夏ほど暑くないだろうと思っていたが、台風崩れの低気圧に吹き込む、湿気のある南風のせいで、非常に蒸し暑い。軽く漕いでいるだけで汗だくで、全くペースが上がらず、あまりの暑さにトレーニングどころではなく、撃沈。
 また今日は、水分補給も失敗。暑い時なので、冷たいものが飲みたいと思い、500mlのペットをボトルを2本携帯すると、ぬるくなるので、1本だけを携帯して、自動販売機かコンビニで、補給し続けようと考えたが、飲料が無くなるタイミングとコンビニや自販機が出現するタイミングが合わず、自販機を見つけても、ハイポトニック系の飲料が無かったりして、仕方なく、甘いスポーツドリンクを飲み続けていたが、お腹にもたれてくるし、調子が上がらず。スポーツドリンクではなく、ミネラルウォーターを飲んだ方が、良かった気がします。

e0080860_168356.jpg

e0080860_1681531.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-31 18:52 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-08-18 SUP 琵琶湖
 今日も琵琶湖で、SUP(スタンド・アップ・パドルボード) NAISH GLIDE 12'に乗る。今日で夏休みは終わりで、明日から仕事なので、今日は、がんばって漕がず、沖合をのんびりクルージング。琵琶湖でも沖の方まで行くと、水の色がきれい。

e0080860_1692728.jpg

e0080860_1694028.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-18 22:39 | SUP | Trackback | Comments(0)
2013-08-16 SUP 琵琶湖
 今日も猛暑が続き、少しでも涼しい夕方の時間を狙って琵琶湖へSUPに行く。暑さになれてきたのと、水上で乗りながら、給水を心掛けていたので、今日は、前回ほどバテバテではなかった。天気予報では、南東の微風だったが、弱いオンショアの北風とぶつかって、ほぼ無風のグラッシーな水面。今日は、ジェットやプレジャーボートが走っていなかったので、余計なひき波も無く、NAISH GLIDEには、とても乗りやすいコンディションだった。

e0080860_1611416.jpg

e0080860_16111728.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-16 20:38 | SUP | Trackback | Comments(0)
CAMELBAK DELANEY
 SUPで、水上でも水分補給するためCAMELBAK DELANEYを購入。腰に着ける給水バックで、2本のベルトで腰のフィット感が良く、運動中でも動かず安定している。SUP用の給水方法として、チューブ付のリザーバータンクを背負う方法も考えたが、リザーバーやチューブの使用後の手入れや保管が大変そうで、レースで時間を競うわけでもないので、通常のボトルが使用できるランニングタイプのバックにした。付属のポディウムチルジャケットボトルは、保冷効果があるタイプで、暑い時に冷たいものを飲みたい時に便利。実際に使用してみて、やはり暑い時に運動するのに、水分補給は必要で、SUPに乗っている時の水上での給水方法として、なかなか良いのではと思う。ウインドサーフィンでも、波に巻かれなかったら使えそう。

e0080860_9382827.jpg

e0080860_9384744.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-15 09:40 | SUP | Trackback | Comments(0)
2013-08-14 SUP 琵琶湖
 このところ猛暑が続き、少しでも涼しいところへと思い、琵琶湖で、SUP(NAISH GLIDE 12')に乗る。久しぶりのSUPだが、日中は、気温、水温ともに高く、水上でも、暑すぎて漕いでいられない。夕方、日が傾いた頃に、ようやく涼しく感じ、真剣に漕いだが、30分が限界。SUP(スタンド・アップ・パドルボード)に乗っていると、普段、使わない筋肉を使うようで、今日は、心地良い疲労感。

e0080860_16124262.jpg

e0080860_16125446.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-14 20:33 | SUP | Trackback | Comments(0)
VAAVUD SMARTPHONE WIND METER
 以前に注文してあったスマートフォン用の風速計VAAVUD SMARTPHONE WIND METERが、デンマークから届く。風速計の仕組みは、スマホのヘッドフォンジャックに取り付けた風杯部のマグネットの回転を、専用アプリのVAAVUDを使って、スマホの磁場センサーで計測しているようだ。ヘッドフォンジャックに取り付けるのは、計測する風杯部をスマホに固定するためだけである。風速計の電源は不要なので、アウトドアで使用するのに好都合。専用アプリのVAAVUDは、iPhoneとAndroid用があって、ほとんどのスマホに使えるようだが、Samsung Galaxy S2用の取り付けキットが付属していた。
 私の所有するXPERIA Zの場合、そのままヘッドフォンジャックに固定して使えたが、磁気センサーの周波数が最新版のようで、現在のところ、計測できる最大風速は約15m/sだそうである。将来的には、アプリがアップデートされるだろうと思うが、今の手持ちの最小セイルサイズが4.7で、15m/sも吹いたら乗れないので、私がウインドサーフィンで使うのには、不都合はない。
 また、この風速計の可能性を感じるのが、WEENDYというアプリで、各地の風速情報を、スマホのGPSで場所を特定してGoogle mapに表示し、地球上の風速情報をクラウドソース化できるもの。ウインドサーフィンを始めて20年以上になるが、風速情報の共有がここまでできるようになったのは、大きな進歩。しかしGPSで位置を特定され、乗っている場所がローカルなポイントでも、ばればれになるのが欠点。

e0080860_23592283.jpg

e0080860_003332.jpg

e0080860_005259.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-02 23:57 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
パドルのエッジガード
 SUPのパドルを漕いでいると、パドルのブレードのエッジの部分がボードに当たったりするが、エッジが欠ける前に、何か対策をしておこうと思っていたら、絶縁用のビニールテープで、エッジをガードをされている事例を発見。手持ちの黒のビニールテープがあったので、QUICKBLADE KANAHA ELITE RACE パドルのブレードのエッジに貼った。お手軽なパドルのエッジガードとして簡単にできます。

e0080860_23403994.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-01 23:42 | SUP | Trackback | Comments(0)