<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2013-09-21 ロードバイク トレーニング
 3連休の初日は、ロードバイク CANNONDALE SUPERSIXで、奥永源寺方面へ。永源寺ダム~政所~蛭谷~角井峠~愛東という山岳コース。スマートフォンのサイクリングGPSアプリのSTRAVAでログをとっていて、帰ってから確認すると、獲得標高(登りの合計)は、1500m超であった。平坦地のみを走る場合に比べて、今日はすごい疲労感がある。やはり日頃のトレーニングでも、登りのメニューを入れる方が良いのだろう。永源寺ダムは泥水で、奥永源寺の方は、先週の台風の被害が目立っていた。

e0080860_16441.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-09-21 22:16 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-09-14 ロードバイク トレーニング
 今日のロードバイクのトレーニングコースは、台風の影響で、南風が吹いているため、行きは向かい風、帰りは追い風になるよう、東近江方面に行くこととして、布引山の丘陵地を軽く越えて、帰るコースとした。台風の影響で蒸し暑かったが、曇ってくると、真夏に比べて、楽に走れる感じだった。今日は、山中(丘陵)を走っている途中に、ニホンザルの群れに遭遇し、こちらは生身の自転車なので、ちょっとビビる。また、ロードバイクに乗っていて、SPDペダルのビンディングが外れやすい感じがしたので、ビンディングのホールドを最も強く調整した。私は基本、MTB乗りなので、ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXでも、ペダルはシマノSPDで、シューズもXCレーシングタイプを使用している。

e0080860_1655799.jpg

e0080860_166752.jpg

e0080860_1661974.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-09-14 23:21 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
ヒッチ マウント サイクル キャリアについて
 ヒッチ マウント サイクルキャリアについて、お問い合わせを頂いたり、検索されている方も多いので再掲します。
 ヒッチ マウント サイクルキャリアを取り付けるためには、まずは、自動車にヒッチメンバーが必要で、ヒッチメンバーは、車種に応じて2インチと1-1/4インチの規格があります。米国は、ヒッチメンバー、ヨーロッパは、スワンネックのトウバーが一般的です。ヨーロッパ車には、純正オプションで、トウバーが装着できる車種もありますが、純正オプションのトウバーの価格は高めで、日本で入手できそうなサイクルキャリアは、THULEのトウバーマウント用ぐらいしか選択肢がないように思います。ヒッチメンバーは、日本車やヨーロッパ車でも、米国で市販されている車種なら、大体、車種別の専用品があります。また、サイクルキャリアの種類は、トウバーよりヒッチマウントの方が選択肢が多いと思います。VOLVO V70XCに装着したヒッチメンバーは、DRAW-TITEのCLASS Ⅱ:1-1/4インチのV70XC用のものです。その他のヒッチのメーカーでは、CURTなどがあります。VOLVO V70XCへのヒッチメンバーの装着は、車種専用品だけあって、車体フレームのレールにボルトオンで取り付けられ、バンバーカットなどは不要でした。VOLVO V70XCは、もともと地上高があるステーションワゴンタイプのSUVなので、ヒッチメンバーやキャリアが地面に接触することはありません。

ヒッチメンバー DRAW-TITE CLASS II: 1-1/4" HITCH 36297(VOLVO XC70用)
e0080860_1356362.jpg

http://www.shibuya-automobile.co.jp/348677.html
e0080860_1357447.jpg

http://biwakofr.exblog.jp/18603691/
e0080860_1421843.jpg

e0080860_1425561.jpg


 ヒッチ用のサイクルキャリアは、THULE T2 XTRの1-1/4インチのタイプです。ヒッチキャリアは、ヒッチメンバーの規格に合せて、2インチと1-1/4インチの2サイズがあります。当時は、キャリアのメーカーがよく分からなかったので、無難なところでTHULEにしましたが、今だったらKUAT NVが良いと思います。その他はYAKIMAなどもあります。ヒッチマウントキャリアでも、バイクのフレームのトップチューブを固定して、吊り下げるタイプもありますが、MTBの場合は、重量もあり、トップチューブのないフレームもあるので、サイクルキャリアのラックにバイクのタイヤを乗せて固定するタイプの方が良いと思います。THULE T2 XTRは、バイクを積んだまま、サイクルキャリアがチルトして、車のリアゲートが開けられるので便利です。また、バイクを積まない時は、サイクルキャリアを付けたまま折りたためますが、普段は、サイクルキャリアは外しています。

http://biwakofr.exblog.jp/18611741/
e0080860_1455027.jpg

e0080860_1464023.jpg

e0080860_1471741.jpg

e0080860_148127.jpg

e0080860_148399.jpg

e0080860_149591.jpg

http://biwakofr.exblog.jp/19036768/
e0080860_14115843.jpg

http://biwakofr.exblog.jp/19263098/
e0080860_1414510.jpg


ヒッチ マウント サイクルキャリアについて、参考になるのは、MTBRのCAR & BIKERのFORUMなど。また、次のブログなども参考にさせていただきました。皆さんのブログにもあるように、バイクの運搬方法は、車内積みができればベストですが、車外積みの場合、ヒッチキャリアが便利です。

TKC PRODUCTIONS
http://www.tkcproduction.com/blog/2011/02/post_54.shtml
by BIWAKO_FREERIDE | 2013-09-07 14:10 | MTB | Trackback | Comments(0)