<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
PATAGONIA PADDED BIG WAVE VEST
 SUPの時に使っているフローティング・ベスト。プルオーバータイプで、ファスナーなどは無いが、伸縮性の良い素材なので、ジャストサイズでも、脱ぎ着はしやすい。11枚のフォームのおかげで、淡水の琵琶湖でも、楽に浮いていられる。元々は、大波のサーフィン用のフローティング・ベストだと思うが、着ていることにより、SUPでかなり沖に出ていても安心感がある。自然の中で遊ぶことは、絶対に安全ということはないので、自分自身の安全は、自分で守ることが大事。また、このベストの上に、ウエストハーネスも着けられそうなので、ウインドサーフィンにも使えそう。

e0080860_23192461.jpg

e0080860_23195245.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-29 23:20 | SUP | Trackback | Comments(0)
2014-07-26 SUP 琵琶湖
 今日は、猛暑日予報が出ていたので、ロードバイクはパスして、琵琶湖にSUPに行く。琵琶湖に到着してみると、琵琶湖ではイレギュラーな南西の風が、サイドでインサイドまでバッチリ入っているウインドサーフィンのプレーニングコンディション。やってしまったと思いながら、ウインドサーフィンの道具を取りに帰るのにも、時間があまりなかったので、SUPで風上・風下に向けてアップ・ダウンを繰り返す。今日はかなり暑いので、長距離は走らず、昔のウインドサーフィンのフィンがSUPに使えるか、いろいろ取り替えて走ってみた。13インチの立っているスラローム用フィンは、風上に向かって走るのには良いが、下りでは、サイズが大きすぎる感じがした。10.5インチのウェイブ用は、下りは調子よく、今日の最高速度9.6km/hが出た。ダウンウインドで、ちょうど、うねりに乗り継げたので、スピードが出たが、風上に向かっては、走らせにくい感じ。平水面の場合、フィンの取り付け位置は、ボックス前より、ベース幅の広いフィンが安定するように感じる。
 腕時計タイプのGPS GARMIN ForeAthlete 910XTJは、速度表示など、感覚的なものでも数値で表示されるので、トレーニングやセッティングにも使えるし、帰ってから走行ログも見られるので便利。

e0080860_15294598.jpg

e0080860_15295829.jpg

e0080860_15301070.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-26 22:40 | SUP | Trackback | Comments(0)
GARMIN ForeAthlete 910XTJからSTRAVAにアップロード
 GPSのトレーニングデーターの管理用ソフトやサイトは、いろいろあるが、これまで使ってきたSTRAVAが使いやすいので、GARMIN ForeAthlete 910XTJからSTRAVAにアップロードする方法を考える。結論からいうと、GARMIN CONNECTにアップロードすると、STRAVAと同期できることが分かったので、付属のANT+USBスティックで、ForeAthlete 910XTJからGARMIN CANNECTを立ち上げたパソコンにデータを無線転送(同期)すると、STRAVAにもアップ出来ている。パソコンを使わずに、スマホだけでアップロード出来ると便利なので、アンドロイドのスマホで、ANT+USBスティックが使えるか研究中。

e0080860_23591277.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-21 00:05 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
GARMIN ForeAthlete 910XTJ の設定
 GARMIN ForeAthlete 910XTJ を、スタンド・アップ・パドル(SUP)とウインドサーフィンに使うために設定作業を行う。ForeAthlete 910XTJ は、ラン、バイク、スイム、その他のスポーツモードがあるので、その他を、SUPとウインドサーフィン用に設定する。データ項目ページでは、1画面に最大4項目のデータを表示できるので、時刻(またはタイム)、距離、平均速度、最高速度を表示できるようにした。また、データ項目ページは、最大4ページまで表示できるので、時刻表示のみのページも作成した。GPSを無効にしておけば、腕時計としても使用できる。ただし、計測を開始する時は、GPSの受信設定で、GPSを有効にする必要があり、慣れれば問題ないが、ボタン1回では切り替えできない。ForeAthlete 910XTJ は、トレーニング用のGPSとして、マニュアルを読めば読むほど、使えそうな機能がたくさんあって、使いこなすのに奥が深い。

e0080860_23908.jpg

e0080860_2392480.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-20 23:11 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
NIKE ZOOM WILDHORSE
 これまで、チョイ山行き用に履いていたモンベルのトレイルランニング用のシューズが、くたびれてきたので、代わりを探していたところ、NIKE ZOOM WILDHORSEを発見。オリーブ色に、蛍光イエローのスウッシュ、マンゴーカラーの靴紐の見た目のかっこよさで思わず購入。トレイルランニング用のシューズでも、本格レース用ではなく、衝撃吸収性や反発性が良く、安定性を重視したモデルであるとのことで、私の使用には、ちょうど良かった。新品を履いたが、軽くてフィット感が良く、すぐにでもトレイルで使えそうだった。近くの低山トレイルは、夏場は暑すぎて行く気になれないが、涼しくなったら走ってみようと思う。

e0080860_10432830.jpg
e0080860_10435475.jpg
by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-19 10:44 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
GARMIN ForeAthlete 910XTJ
 スタンド・アップ・パドルボード(SUP)やウインドサーフィンに乗る時に、水上で使える防水タイプのGPSを導入。日常生活防水のGARMIN ORGONを、防水ケースに入れて使うことも考えたが、OREGONを、首からぶら下げたり、アームバンドで腕に取り付けて、ウインドサーフィンで、激しく沈した場合、防水性能が不安であるし、水上で身体に余計な物は、できるだけ付けたくないので、防水の腕時計タイプのGPSにする。その中でも、ウインドサーフィンのスピード計測には、毎秒測位が必要。画面が大きく4種類のデータ表示が可能。みちびき対応などからGARMIN ForeAthlete 910XTJに決定した。とりあえず分厚いマニュアルと格闘中。

e0080860_22332810.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-15 22:33 | SUP | Trackback | Comments(0)
SURFCO PADDLE GUARD KIT
 SUP用のクイックブレードのパドルのエッジガードとして、絶縁用の黒のビニールテープを貼っていたのだが、カーボンのパドルが、ビニールテープの糊でベトベトしてきたので、専用のPADDLE GUARD KITで再施工する。まずは、ビニールテープをはがして、自転車用のクリーナーで糊をきれいに取る。PADDLE GUARDは、パドルネック部の取り付け開始位置に、付属の瞬間接着剤でエッジガードを止めた後、パドルのエッジに沿って取り付ける。PADDLE GUARDは、パドルのエッジを挟み込む内側に、粘着剤が付いていて、エッジ全体に接着剤を付ける必要はなかった。そして、終点部分を瞬間接着剤で止めて、最後に、始点と終点の接続部を、付属のウレタンテープで巻き付けて固定する。専用のパドルガード・キットだけあって、簡単にできた。今回は、市販のパドルエッジガードの専用キットを使ったが、パドルのエッジガードとして、自動車のドアのエッジガードで施工されている方もあったので、工夫すれば、入手しやすい材料でも施工出来そう。

e0080860_15281161.jpg

e0080860_15282446.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-13 22:46 | SUP | Trackback | Comments(0)
2014-07-12 SUP 琵琶湖
 今日は、琵琶湖でSUPに乗る。梅雨の晴れ間で、蒸し暑いが、ロードバイクに乗るより、水上にいると、暑さは、まだましに感じる。久しぶりに頑張ってパドルを漕いだが、ロードバイクとは違う筋肉を使うみたいで、良い運動になった。ロードバイクに乗るときは、GARMINのGPSをトレーニングメータとして使っているが、パドルボードに乗る時も、GPSがあると速度や距離などをチェックできたり、走行ログをとれるので、トレーニングのためにはGPSがあった方が良いように思った。ただし、防水対策は必要。

e0080860_15263434.jpg

e0080860_1526507.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-12 22:51 | SUP | Trackback | Comments(0)