2006-05-06 MTB 奥島山
 今日は、GW中にマウンテンバイクで行っておきたかった奥島山へ。最近、MTBは、ダウンヒル用のジェミニばっかり乗っていたが、今日乗ったレイブンは、クロスカントリー用のフルサスで、サスペンションのストロークは、ダウンヒル用に比べて短いのだが、エア・サスで、舗装路や登りは、リアサスをロックすると走りやすく、車体の重さも軽いので、担いで登るのも楽。

 林道終点から国民休暇村へ下るシングルトラックでは、レイブンを登り重視のセッテングにしていたのと、ジェミニのストロークのあるフロント・サスペンションに慣れてしまっていたせいもあって、下りでフロントを押さえ切れず、腕が上がってしまった。上手な人は、サスペンションのストロークが短いのを、上手く体で吸収できるのだが、体力とテクニックの無い分、道具でカバーしないといけないところを、今日はセッティングミスだった。

 とりあえず、レイブンもお気楽下りセッテングを目指して、まずはハンドルバーをストレートからライザーバーに変えて、素材もちょっとでも衝撃を吸収するカーボンにしたいところである。またタイヤもユッチンソン パイソン ゴールド2.0では、ガレ場の下りが不安だったので、下り重視にすると2.35ぐらいの太さのタイヤの方がよさそうだった。

e0080860_22511252.jpg

# by biwako_freeride | 2006-05-06 22:56 | MTB | Trackback | Comments(0)
2006-05-03 MTB 八幡山
 琵琶湖に昨日から吹いていた北風は、早朝で終わったみたいで、今日は津の南東風が期待できたが、連休の渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので、ウインドサーフィンはあきらめて、MTBで近くのトレイルに行く。ようやく花粉症もましになってきて、やっと山に行けるようになった。今の時期は新緑がきれいだし、さわやかな天気でMTBには一番良い季節である。花粉症さえなければ、3月、4月にもっとMTBに行きたかったのだが。6月の梅雨時期になってしまうと、蒸し暑いし、草も茂ってくるし、気分良く走りづらくなるので、今のうちにMTBも乗っておきたいところである。

e0080860_23361389.jpg

# by biwako_freeride | 2006-05-03 23:40 | MTB | Trackback | Comments(0)
ボルボ クロスカントリー
 いろいろ探したかいがあって、ようやくボルボ・クロスカントリーの程度のいい中古車が見つかったので、乗り換えを決定した。新車もいろいろ検討したが、なかなか踏み切れなかった。
 今のVWパサートは、大きなトラブルも無く20万キロ以上走って、車は当たりの方だったみたいで、去年の後半からトラブルがちらほら出てきたが、よく頑張ったと思う。
 これで、またいろいろ出かけられるが、アウトドアでラフに使うわりには、車が綺麗すぎるのが気になるところである。

e0080860_17241939.jpg

# by biwako_freeride | 2006-03-18 17:27 | CAR | Trackback | Comments(0)
車乗り換え検討中
 今乗っているVWパサートは、この4月で車検が切れる。走行距離も20万kmオーバーで、もう2年乗ろうとすると、修理が必要な箇所があるし、登録から13年以上になると、自動車税も割り増しになるとのことで、ここで乗り換えることにする。最近、休日には、あちこちのディーラーに出かけているが、いろいろ悩む。

e0080860_23314881.jpg

e0080860_23325734.jpg

e0080860_23333537.jpg

# by biwako_freeride | 2006-02-13 23:38 | CAR | Trackback | Comments(0)
PIVIT BOARD
 この頃の雪やあまりの寒さで、なかなか外に出る気にならないが、これは家の中でも出来て、ちょっとした横乗り系のバランストレーニングになる。溝の付いている円柱形をしたものの上に、下面にレールが付いているスケートボードのデッキみたいなボードを置いて、その上に乗る。ただし家の中でする場合、フローリングの床を傷つけないように、マットが必要。

e0080860_23514336.jpg

# by biwako_freeride | 2005-12-23 23:52 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
ウインドサーフィン用防寒グッズ
 ちょっと前に、巷で評判のON‘Sのブーツとグローブを購入した。ウインドする時は、ダイレクトな感覚を重視して、素足、素手派だが、寒さには耐えられない。
 このブーツは表面がゴム系ではなく、ジャージ素材で、ストラップから、とっさに足が抜けないことは無さそうなのと、かかとにストラップがあるのでフィット感がよさそうである。
 また、グローブは、5本指で手のひらと指の所が開いているグローブとミトンの2枚重ねで、ブームも握りやすい感じ。
 これで冬もバッチリと考えていたが、ここのところの寒さにより、今シーズンのウインドは終了かも。このブーツとグローブを使うのは、来年の春になりそうだ。

e0080860_235323.jpg

# by biwako_freeride | 2005-12-03 23:27 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-11-27 MTBでTOURING
 今日も天気が良いので、MTBで軽く湖岸道路を走ってきて、途中に、同級生の友人が12月のLIVEに向けて、バンドの練習をやっているとのことで、練習中の友人宅におじゃましてきた。
 僕も学生時代には、一緒にバンドをやっていて、就職してからは、僕はウインドサーフィンの方に、はまってしまって、バンドは止めてしまったが、学生時代から変わらないスタイルで音楽活動を続けている姿を見ると、あらためて敬意を表したい。人生いろいろあるが、僕も怪我をしない程度に、ぼちぼちでもこのスタイルを続けて行きたいと思った。趣味のジャンルは違うが、気持ち的にチャージできた一日。

e0080860_205836.jpg

# by biwako_freeride | 2005-11-27 21:03 | MTB | Trackback | Comments(0)
2005-11-26 八幡山 TREKKING
 今日は小春日和で、野外活動には絶好の天気だったので、午後から奥さんと八幡山へ登ってきた。紅葉もちょうど見頃で、山歩きには良いコンディションだった。
 頂上からは、ゆるい南西風の琵琶湖に、IMCOと思われるセイルも見えた。
 それと、この前に分からなかった、西側の尾根の方の道を探しに行ったが、通称西の丸と呼ばれているところに行く道は、ロープで閉じられていて、行く人はほとんど無い感じ。西の丸まで行って、下に行く道を探したら、それらしい道があったが、シングルトラックというよりも、ケモノ道で、ブッシュも多く、あやしい感じ。この頃は日暮が早く、今日は時間的に無理なので、登ってきた道を帰る。帰りにクラブハリエで、ケーキとパンを買ってもらって、満足の一日。
   
八幡山から見た琵琶湖 牧 新畑
e0080860_2211333.jpg

 
八幡山の紅葉
e0080860_221959100.jpg

# by biwako_freeride | 2005-11-26 22:23 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
2005-11-23 MTB 八幡山
 国土地理院の地図には、八幡山の西側の尾根に道があるのが、前から気になっていて、これまで行ったことが無かったので、今日は一度登ってみることに。
 船木の神社から、山道を担いで登っていくと、比較的平坦な道になり、MTBに乗って、そのまま道なりに進むと、だんだん下っていく。乗っていて楽しいのだが、尾根道のはずなのにおかしいなと思っていたら、行き止りで、大きく下る道しか無いところに出てきてしまった。
 やっぱり道を間違えたと思って、尾根の方まで戻ったが、このあたりは、うっそうとした竹やぶで、頂上の方へ行く尾根道が全然分からない。ちょっと戻って見通しの効く所からは、頂上が見えるので、地図の道からすると、このまま尾根沿いを進むはずだが、MTBを担いで行くのは困難であり、ここで引き返すことに。地図を見る限り、いい感じだと思ったのに、ちょっと残念。下りは快適なシングルトラックだった。

e0080860_1736966.jpg

# by biwako_freeride | 2005-11-23 17:42 | MTB | Trackback | Comments(0)
2005-11-20 MTB 八幡山
 今日の琵琶湖の風は怪しいかもしれないということで、MTBで近くのトレイルへ。登りは、ほとんど押しと担ぎだが、神社の登り口から登って、公園からの登り道と出会うところまでのシングルトラックは、急な岩場のドロップ以外は乗って下れる。
 時間があったので、頂上まで登ることにしたが、上の方は階段が多くなり、やっぱりMTB向きではなかったものの、頂上からは市街が一望でき、景色のいいところであった。

CANNONDALE GEMINI
e0080860_17534416.jpg

# by biwako_freeride | 2005-11-20 17:57 | MTB | Trackback | Comments(0)
2005-11-12 琵琶湖 ウインドサーフィン
 今日はお昼前に琵琶湖に着いた時は、寒気のせいか曇っていて、4.7でも走るぐらい風が吹いていたが、風はだんだん落ち気味だったので、まずは5.5をセッティングしたところ、さらに落ちて、6.3も張ることに。
 午後からは、晴れてきて、風が安定し、6.3でジャストからオーバー。今日の6.3のオーバー目のセッティングは、我ながらバッチリで、ダウンはセイルのリーチのマークの内側まで、アウトはブームの数字より1~2センチ引き気味にしたら、プレーニング時の使用感は軽く、セッティング次第でアンダーからオーバーまで、かなり広い風域に対応できるのを、改めて実感。
 また、琵琶湖の水位はマイナス50センチぐらいで低く、地形はかなり遠浅のため、インサイドの小波で遊べるし、11月としては比較的暖かいマイルドなコンディションで、楽しい1日だった。

e0080860_22301182.jpg

お昼前の琵琶湖
e0080860_22174149.jpg

午後の琵琶湖
e0080860_22184517.jpg

# by biwako_freeride | 2005-11-12 22:21 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-11-06 季節はずれの南東の風
 今朝は、8時頃には、雨がぽつぽつ降ってきて、天気はどんより地味な感じで、自宅周辺では、全然風を感じなかったため、ウインドはパスしてしまったが、琵琶湖でも今津や南浜など、南東で乗れるゲレンデは、小雨でも乗れていたようだ。
 11月に南東で乗れるのは、あり得ないと思い込んでいたのが、失敗。

e0080860_22202399.jpg

# by biwako_freeride | 2005-11-06 22:31 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-10-30の琵琶湖が吹かなかった天気図
 12時の天気図だが、中国地方の日本海側のあたりの等圧線が「く」の字に折れ曲がっていて、このあたりが弱い気圧の谷になっていたため、風が吹かなかったと思われる。

e0080860_22125952.jpg

# by biwako_freeride | 2005-10-30 22:28 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-10-30 MTBで新海浜へ
 今朝の天気予報では、昨日からの予報は激変し、風は期待薄になったが、天気が良いので、MTBで新海浜まで行ってきた。
 近江八幡から円山~大中~能登川水車~乙女、福堂のルートで行くと、片道約45分。交通量も少なく、景色も良いので、走っていて気持ちよく、軽く運動するのにいいコース。
 新海浜のHaneliに寄ると、今日はウインドの人は少なくて、ROBBY NAISHも来ているので、御前崎へ行った人が多いみたいだった。
 新海浜は、駐車場に入れないが、工事は終わっているみたいで、浜は砂が入って広くなり、来シーズンは期待できそうある。

CANNONDALE RAVEN
e0080860_198596.jpg

# by biwako_freeride | 2005-10-30 19:15 | MTB | Trackback | Comments(2)
2005-10-29 土曜日 雨パターン
 今日は朝から結構強く雨が降っており、雨が止んだら、琵琶湖では夕方から北系で吹きそうだったが、天気が悪いと、夕方5時には暗くなり、乗れる時間も短いだろうということで、ウインドはパス。
# by biwako_freeride | 2005-10-29 23:55 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-10-23 冬型続く
 朝から琵琶湖の風向きは南西~西で、時雨れていたので、ウインドはパス。スポーツクラブへ行って、スイミングの一日。

e0080860_22344250.jpg

# by biwako_freeride | 2005-10-23 22:28 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-10-22 いきなり冬型
 今日は、いきなり冬型の天気。寒気が入って、曇っていて寒いし、時折、小雨も降っている。琵琶湖では、風は吹いている感じですが、冬型になると、西がかってガスティになるので、あまりテンションは上がらない。
 車の修理ができたので、ディラーへ行って、帰ってきたら15時前だったので、ウインドはパスした。
# by biwako_freeride | 2005-10-22 23:50 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
VW パサート バリアント 故障
 今日は、琵琶湖へウインドサーフィンに行くつもりで、自宅で車に道具を積んでいたところ、前方の下から緑色の液体がポタポタと漏れているのを発見。緑ということは、クーラント?ボンネットを開けたら、確かに減っている。水を足して、ヒーターを最大にかけて、何とかディーラーまで自走。そのまま入院だが、週末までには直りそう。このパサートは93年モデルで、走行距離も20万kmオーバーになり、ぼちぼち具合が悪くなってきて、次回の車検前には乗り換えモードになってきた。次はどうしようか悩む。

e0080860_22383739.jpg

# by biwako_freeride | 2005-10-16 22:41 | CAR | Trackback | Comments(0)
2005-10-09 琵琶湖 ウインドサーフィン
 今日は出遅れた。昼過ぎに琵琶湖に到着した時は5.5でプレーニングするくらい吹いていたが、すぐに風は落ちてしまった。今日の一番おいしいところは逃したが、6.3に張り替えて夕方まで乗れたので、まずまずの一日。
 今日の出遅れの原因は、彦根のアメダスで、朝からインターネットの天気予報を見ていたら、3、4mぐらいしか吹いてなくて、それなら用事をしてから出かけようと思ったからであった。しかし昼ごろ着いてみたら、しまったという感じ。
 13時のアメダスは風速6mだが、その時は5.5でプレーニングしていたので、6m以上吹いていたはず。ちょっとガスティだったので、6mという表示になったしまったのか、最近の彦根のアメダスは当てにならない気がする。

e0080860_22305765.jpg

ボード:NAISH FLYING PIG セイル:EZZY WAVE 6.3
e0080860_22354996.jpg

# by biwako_freeride | 2005-10-09 22:37 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2005-09-25 琵琶湖 ウインドサーフィン
 今日の琵琶湖は、真オンでインサイドのショアブレイクが激しいコンディション。着いた時には、4.0~4.5が走っていたので、迷わず手持ちの最小の4.7をセット。風が抜ける時間帯があったが、ブローはオーバー。夕方には、さらに吹き上がって終了した。
 今日は、昨日からの強風で、湖に生えていた藻が根こそぎ流されて、インサイドに漂っており、ノンプレーニングでアウトに出て行く際に、フィンにひっかかり、出にくさが倍増だった。WAVEのフィンだが、オンショア用のちょっと立ったのを使ったせいか。今日はデジカメにメモリーを入れずに持って来てしまったので、ゲレンデの写真は無し。

e0080860_22354741.jpg

# by biwako_freeride | 2005-09-25 22:38 | WINDSURF | Trackback(1) | Comments(2)
2005-09-24 琵琶湖 ウインドサーフィン
 今日の琵琶湖は、昼頃着いてから、ずっと5.5で、夕方オーバーになり終了。今日は昨日と一転して秋の天気で、風は涼しく、昨日から、風が吹き続けているせいか、水温は下がって、シーガルでちょうどよいくらいだった。オンショアでも5.5ぐらいなので、小波で楽しく乗れる。
 また、このブログでは、風の予測の参考にするために、吹いた時の天気図なども記録していこうと考えている。この天気図は日本気象協会のHPから引用している。

e0080860_231577.jpg

琵琶湖の様子(WAKI君 セイル5.7)
e0080860_23221641.jpg

# by biwako_freeride | 2005-09-24 23:27 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
ブログ スタート
 ブログを始めました。よろしくお願いします。
 今日から3連休だか、琵琶湖でウインド、好スタート。朝の天気図では怪しかったものの、yahooの予想どおり、15時頃から風が吹き出し、夕方には、北北西で安定し、6.3で完プレ。この風向きは、真オンになるが、今日ぐらいの小波では、どっち向きにも飛べるし、水位も低めで、いい感じだった。ただ、久しぶりの琵琶湖で、9月下旬になったこともあり、スキンのシーガルを着たところ、暑すぎて失敗。
 9月23日の天気図では、前線が過ぎて、北風が吹いてきたが、彦根のアメダスは4m?だったのに、体感的には6~7m吹いていたと思う。
 明日の琵琶湖は、WAVEコンディションには、ならないかもしれないが、そこそこ吹く予報なので、明日もウインドに行く予定。

e0080860_22533489.jpg

ボード:NAISH TITAN、セイル:EZZY WAVE 6.3
e0080860_2331457.jpg

# by biwako_freeride | 2005-09-23 23:10 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)