タグ:琵琶湖 ( 116 ) タグの人気記事
輪行で日帰りエクストリーム・ビワイチを考える
 「ビワイチぐるっとびわ湖サイクリングマップ」には、滋賀県への行き方が示してあって、公共交通機関の場合、東京や博多から新幹線を使う図になっている。マップの製作者は、1泊2日のビワイチを想定されていると思うが、輪行の日帰りでどこまで行けるか検討してみた。
 ちなみに、琵琶湖大橋を渡る北湖ビワイチだと約150km。南湖も含めたフルビワイチの場合は、約200kmになる。おすすめは、琵琶湖を反時計回りに走行するコースで、道路の左側車線を走行して、左手に琵琶湖を見ながら走れる。

1 東京からの場合
 新幹線が停車するJR米原駅をビワイチの起終点とする場合、始発は、米原駅に停車する乗り換えなしの「ひかり」では、東京駅6時26分発で、米原駅着8時46分。最終は、乗り換えなしの「ひかり」は、米原駅発21時04分で、東京駅着23時08分になる。
 この場合、滞在時間は、12時間は確保できるので、走れる人なら、東京から日帰りでフルビワイチも可能。北湖ビワイチなら確実に走れるのでは。もし、途中でトラブルがあった場合、JRが琵琶湖の周りを走っているので、湖西側の場合は、JR湖西線で京都駅まで輪行で行くこともできる。湖東側だったら、JR琵琶湖線で京都駅か米原駅に行くこともできる。京都駅から東京駅までの最終の「のぞみ」は、京都駅発21時37分発になる。
 そのほか、琵琶湖を1周しない場合のオプションとして、米原駅から反時計回りで、JR湖西線の大津京駅か、JR琵琶湖線の大津駅まで走って、JR京都駅から帰るコース。または、米原駅から時計回りで大津駅まで走って、京都駅から帰るコースなども考えられる。

2 博多からの場合
 西日本から滋賀に行く場合、ビワイチの起点は、JR琵琶湖線の大津駅がよい。博多駅の始発の「のぞみ」は、6時08分で、京都駅着が8時54分。JR琵琶湖線に乗り換えて、京都駅発9時07分で大津駅着9時16分になる。最終は、JR琵琶湖線 大津駅発20時47分で、京都駅着20時57分。博多行きの「のぞみ」が、京都駅発21時10分で、博多駅着23時55分になる。
 この場合でも、滞在時間は12時間弱を確保できるので、フルビワイチも可能。エスケープコースとしては、JR大津駅から反時計回りに行けるところまで行って、JR湖西線のどこかの駅から輪行で京都駅まで帰るコースが考えられる。

 滋賀県は、交通の便が良いので、新幹線を使うと、かなり遠くからでも日帰りで行ける。ビワイチは、天気が良く、自転車の走行に影響する風が無い日に走りたいので、休みの日の天気予報を見ながら、ビワイチを実行する日を、直前でも決められる、輪行の日帰りも選択肢の一つだと思う。

e0080860_22475686.jpg

(ビワイチぐるっとびわ湖サイクリングマップ)
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-21 22:00 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
ビワイチ「ぐるっとびわ湖サイクリングマップ」
 ビワイチ「ぐるっとびわ湖サイクリングマップ」を入手。無料で配布されていますが、自転車で琵琶湖を1周するビワイチの初心者向けに、通行量の少ない道を選んだ、よくできているマップだと思います。欲を言うと、しまなみ海道のように、道路の左路肩に青ラインがずっと引いてあれば、誰もが迷わずに走れるし、ガーミンのGPSでも使えるGPXファイルでルートを提供してもらえるとありがたいと思います。

e0080860_23284164.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-12 23:30 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2016-10-30 ROADBIKE
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXでRIDE。今日のウェアは、サーマルビブショーツ+長袖ジャージ+ジレ。夕方の琵琶湖沿いの道は、きれいな夕焼けだったが、ショーツでは寒くなってきた。

e0080860_19443294.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-10-30 19:41 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2016-10-23 ROADBIKE
 今日のウェアは、サーマル・ビブショーツ+長袖ジャージに、風が強かったので、ジレを着用。最近、ロードバイクで、長距離を走れていない。

e0080860_22504327.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-10-23 22:51 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
NAISH LAKE BIWA PADDLE CHALLENGE 2014 DAY1
 NAISH LAKE BIWA PADDLE CHALLENGE 2014が、琵琶湖 宮ヶ浜 休暇村近江八幡で開催され、レースにはエントリーしていないが、ロビー・ナッシュも来ているとのことで観戦に行く。1日目は、NAISH ONE ワンデザインクラスのロングディスタンス・レースで、スタートラインに、NAISH ONEがこれだけ並ぶのは壮観。お目当てのロビーさんには、私のNAISH GLIDE 12'にサインをしていただいた。ロービーさんによると、GLIDE 12'は、故ハロルドー・イギーが、クルージング・ボードとして最初に作ったボードだそうで、とても懐かしく思うとのことでした。このボードは手放せなくなった。

e0080860_1493545.jpg

e0080860_1495639.jpg

e0080860_14102440.jpg

e0080860_14104558.jpg

e0080860_1411264.jpg

e0080860_14112187.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-09-06 14:12 | SUP | Trackback | Comments(0)
2012-10-07 ウインドサーフィン 琵琶湖
 ようやく休日に北西の風が吹いて、琵琶湖にウインドサーフィンに行く。ウインドサーフィンに行けそうな休日で、まともな風に当たったのは、今シーズン初めてで、よく考えてみると、ほぼ1年ぶりのプレーニングコンディション。セイルサイズで5.5がきつくなって、4.7に代えたぐらい、久しぶりの割には良く吹いた。ウインドサーフィンに乗るのは久しぶりでも、ウォータースタート・プレーニング・ジャイブなど乗り方は覚えていたが、今日は、インサイドでブレイクしている波で遊ぶ余裕は全く無く、アウトサイドで、ひたすらイン&アウトを繰り返す。
 今日は、久しぶりなので、水温の感じが分からず、ドライスーツを着たが、琵琶湖の水温は、まだ高めに感じ、日中ならば、シーガルでも乗れそうだった。乗っていても、まだ寒さは感じないので、琵琶湖で乗れる時に乗っておきたいと思う。

e0080860_16452874.jpg

e0080860_2029366.png

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-10-07 20:30 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2012-09-02 SUP 琵琶湖
 9月になっても、まだまだ夏モードの天気が続き、琵琶湖にパドルボード(NAISH GLIDE 12')を漕ぎに行く。気温、水温ともに高いので、水遊びに来ている人も多い。今日は、水上で水分補給ができるように、肩からかけるペットボトルのホルダーに、スポーツドリンクを持って行った。さすがに漕ぎながらは飲めないが、途中、水上でも止まって水分補給できると、漕いでいても、かなり楽に感じ、ひたすら湖岸沿いをクルージング。

e0080860_18415015.jpg

e0080860_18155260.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-09-02 21:49 | SUP | Trackback | Comments(0)
2012-08-18,19 SUP 琵琶湖
 18日(土)は、蒸し暑く曇り気味で、大気の状態が不安定という天気予報だったので、外に遊びに行かなくて正解。午後からは強烈な雷雨となった。
 19日(日)は、一転して安定した夏空となり、風は南系。ウィンドサーフィンなら、南東系の津だが、ちょっと怪しい感じもあったので、琵琶湖 新海浜にSUPに行く。水泳場のブイは無くなっていたが、遊泳客は多い。今日は、オフショアの微風で、レース・クルージング系のNAISH GLIDE には、ちょうど良い平水面のコンディション。パドルを漕いで、惰性で進む感覚がはっきり分かって、今日は漕いでいて楽しかった。
 また今日は、オフショアなので、水がきれいで、小魚(鮎?)がボードの上にも、ぴちぴち跳ねていた。空は、快晴の夏空だが、赤トンボが、たくさん飛んでいて、もう秋が来ているみたいな感じ。しかし当分、夏型の天気が続くみたいで、いつになったら琵琶湖に北風のサーマル風が吹くのやら?

e0080860_1843235.jpg

e0080860_18434133.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-08-19 20:11 | SUP | Trackback | Comments(0)
2012-07-16 SUP 琵琶湖
 梅雨明けを思わせる天気となり、琵琶湖新海浜で、スタンド・アップ・パドルボードに乗る。オンショアの微風の平水面で、NAISH GLIDE には、ちょうど良いコンディション。暑いので、ウエットスーツ無しで、水着のトランクスとラッシュガードでOK。がんばって漕ぐと、かなり暑くなるが、水につかると淡水なので、さっぱりして気持ち良い。ビーチに上がると、夏限定の水道シャワーも使えるようになっていて、気分だけは、マウイのカナハビーチパークみたいである。水泳場開きは、来週だそうだが、ビーチは遊泳客が多かった。今日は、全身心地良い筋肉痛で、SUPは、やはりフィットネス効果は抜群。

e0080860_18384425.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-07-16 18:39 | SUP | Trackback | Comments(0)
2011-09-23 ウインドサーフィン 琵琶湖
 今日は、ようやく琵琶湖のレギュラーの北風に当たったので、ウインドサーフィンに行く。昼過ぎから、セイル5.5ジャストからオーバー。久しぶりに乗るのには、ちょっとキツイ。オーバーに耐えられなくなって、4.7をセッティングしていたら、風は落ちて、5.5でも走らなくなってしまった。夕方まだ時間があったので、6.3で乗る。
 今年になって、まだ2回目のウインド。もうシーガルを着る季節になっていて、今年は、水着でプレーニングしていないというワースト記録をつくってしまった。
 今日は、レギュラーメンバーの皆さんも勢揃い。ツイン、クァッドなどフィンがたくさん付いているボードで、オンショアの琵琶湖でも、フロントに振っておられた。ライディングのイメージは、十分、目に焼き付けさせてもらいましたが、今年は、ウインドサーフィンに全く乗れていないので、かなり置いて行かれています。

e0080860_22222087.jpg

e0080860_22224621.jpg

e0080860_22231067.jpg

e0080860_22234016.jpg

e0080860_22241313.jpg

e0080860_22243862.jpg

e0080860_2225279.png

by BIWAKO_FREERIDE | 2011-09-23 22:25 | WINDSURF | Trackback | Comments(2)