タグ:FOX ( 8 ) タグの人気記事
冬のマウンテンバイクのウェア
 冬のマウンテンバイクのウェアは、アウトドアブランドのトレッキングやトレイルランニング用のウェアを着用している。メインのジャケットは、以前から使用している薄手のゴアテックスのPatagonia Light Flyer Jacketで、そんなに寒くなければ、下にはベースレイヤーのPatagonia CAP4のみ。寒かったら、中に何かもう一枚トップスを着る。Milletのジップネックのトップスと中厚素材のクライミングパンツは、アウトレットストアで購入したものだが、最近のお気に入り。クライミングパンツの右足クランク(チェーン)側の裾留めには、mont-bellのリフレクティブ サイクルバンド ワイド。首周りの保温用には、ロードバイクに乗る時も使用しているRapha Winter Collar。ヘルメットはFOX FLUX。その他の持ち物では、バックパックGREGORY MIWOK、熊よけの鈴などは変わらず。マウンテンバイクのウェアのテーマカラーはオレンジです。

e0080860_20273179.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-12-31 20:31 | MTB | Trackback | Comments(0)
2015-10-25 MTB TRAIL RIDE
 今日は快晴だが、木枯らし1号となった北風が強く、吹きさらしになるロードバイクはパスして、強風が避けられる山の中へ、フルサスのマウンテンバイクCANNONDALE RAVENでトレイルライド。この低山のトレイルは、夏の間は、蒸し暑くて害虫も多く、積極的に走りに行かないが、秋から冬にかけては、トレイルライドに快適な季節となる。しかし、今日は、ヒノキの植林地の中で、木漏れ日がキラキラと路面を照らすので、路面の明るい部分と暗い部分のコントラストが強すぎで、目がチカチカしてしまい、走行中の路面の凹凸が分からず、走りにくかった。また、RAVENは、固定式のシートポストにしているが、トレイルライドの場合、可変式の方がよさそう。

e0080860_22595841.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2015-10-25 23:00 | MTB | Trackback | Comments(0)
2014-12-31 MTB 野洲トレイル
 STRAVAのサイトでは、12月24日から31日までの8日間で500kmのライドにチャレンジするRAPHA FESTIVE 500が開催されているが、年末のこの時期は、忙しくて、なかなか走れない。ようやく31日に走れる時間が確保できたが、1日で500kmは無理なので、FESTIVE 500は諦めて、CANNONDALE GEMINIでトレイルライドに行く。明日1月1日からの天気予報は、雪になっているが、今日は12月にしては暖かい天気で、路面もドライで走りやすいコンディション。MTBに乗るのは、久しぶりだったが、今年、新しくしたサスペンション (FOX 36 FLOAT 160,FOX FLOAT CTD) とタイヤ PANARACER CG AMのおかげで、適当に走っても、なんとなく走れてしまう感じだった。自分の体力や技術が追い付いていないが、GEMINIの走行性能の限界はまだ高く、もっと走らせられるように思った。今日は、自宅から自走したのでくたびれたが、良い走り納めになった。MTBのトレイルライドも奥が深い。

e0080860_21583716.jpg

e0080860_2159028.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-12-31 21:57 | MTB | Trackback | Comments(0)
2014-10-18 MTB 奥島山
 CANNONDALE GEMINIの新しいFOX FLOATサスペンションの調整ライドのため、奥島山トレイルに自走して行く。乗ってみてすぐに、エア・サスペンションの動きがスムーズなのに感動。最新モデルのエアサスは全く別物になっていた。トレイルでは、サスペンションのコンプレッションとリバウンドを全開放にして、長めの下りを走って、先ずはリバウンドを突き上げ感が出すぎないように設定するのだが、いきなり前輪がパンク。チューブを交換して再び走っていたら、今度は後輪がパンク。今日は予備のチューブを1個しか持って来なかったので、パッチシールで修理して、何とか自宅まで帰れた。
 今日のパンクは、タイヤ中央のノブとノブの間に、とがった石片と植物のとげが刺さっていたのだが、KENDA NEVEGALは、タイヤ中央のノブの間隔が広く、この箇所が弱点でパンクしやすいように思う。よく見ると、NEVEGALはタイヤのゴムが劣化して、ひび割れていたので、交換時期か。
 今日の目的であるサスペンションの設定は、2回のパンク修理に時間がかかって、リバウンドの加減がなんとなく分かったのみだったが、私の走行速度レベルでは、36FLOAT 160RC2のHI-SPEEDとLOW-SPEEDコンプレッションは、良く分からないというか、全開放で必要ないかも。また、FLOAT CTDのClimb/Trail/Descendの3ポジションの違いは、なんとなく分かったが、まだ十分乗り込めてないので、Trail adjustの1/2/3の違いまでは、良く分からなかった。
 また、今日は晴れて暖かかったせいか、スズメバチの活動が活発に感じた。秋のスズメバチは危険だが、今日は頭を低くしてやり過ごすと、そのまま通り過ぎて、こちらを攻撃してこなかったが、ハチの巣の位置は全く分からず、トレイル脇の木の根っこや地面に巣があると攻撃されかねないので、このトレイルを走るのは、もう少し寒くなって、ハチが活動しなくなってからの方が良さそう。

e0080860_23531364.jpg

e0080860_23535279.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-10-18 23:55 | MTB | Trackback | Comments(0)
CANNONDALE GEMINI サスペンション交換
 CANNONDALE GEMINIの、10年以上前のダウンヒル用のコイル・スプリングのサスペンションを交換。フロントフォークは、ダブルクラウンのマルゾッキ SUPER-Tを、FOX 36 FLOAT 160 FIT RC2のシングルクラウンのエアサスに。リアサスは、FOX VANILLA RCを、FOX FLOAT CTD Boost Valve w/Trail Adjustのエアサスに交換。GEMINIは、当時のダウンヒル用のバイクとしては、重量は軽い方だったと思うが、今回、前後ともFOXのエアサスペンションに交換して、フリーライドバイクとして復活した。
 早速、エアサスのサグを調整したが、出荷時のそのままの状態で、前後とも20%ぐらいだったので、とりあえずそのまま乗ってみようと思う。

e0080860_17165837.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-10-17 20:16 | MTB | Trackback | Comments(0)
MTB用グローブの補修
 トレイルライドに使っているFOXのグローブだが、右手で、後輪のギアチェンジとブレーキを操作しているため人差し指を多用しているせいか、指先の部分が薄破れになったので、補修した。
 補修に使ったのは、ウエットスーツ補修用のジャージのシールテープで、グローブの裏側から、カットしたテープをアイロンで熱圧着した。

e0080860_23485113.jpg

e0080860_23491953.jpg

by biwako_freeride | 2009-12-01 23:35 | MTB | Trackback | Comments(2)
FOX FLUX HELMET
 マウンテンバイクのトレイル・ライドで使っているヘルメット。一般的なクロスカントリー・レーシング用に比べて、後頭部までカバーできるタイプ。この色は、ホワイト/グレーというカラーパターンで、遠目に見ると白色だが、白地にグレーのグラフィックが入っている。

e0080860_2304396.jpg

by biwako_freeride | 2009-05-11 22:51 | MTB | Trackback | Comments(0)
MTB サスペンション サグ調整
 これからのトレイル・シーズンに向けて、CANNONDALE RAVEN のリアのエア・サスペンション(FOX FLOAT RC 6.5×1.5)のサグを調整した。
 FOXのマニュアルによると、ショック・トラベルが1.5inch(38.1mm)で、サグは9.5mmとなり、トラベル量の25%。大体、15%(XC)から25%(DH)と言われているので、トレイル向けに25%を目安にする。
 リアサスの可動部のOリングを目安にして、サス用の高圧ポンプで空気を入れては、乗車するの繰り返しで調整。空気圧180psiで、そこそこ規定値でした。ちなみに私の体重は85kg。
e0080860_22473635.jpg

 ついでに、フロント・サスペンション(HEADSHOK HEADSHOK FATTY ULTRA DL)も調整。 ヘッドショックは、可動部がブーツに隠れていて、サグが計測しにくいので、マニュアルを参考に、体重から、SOFT目にして、130psiにした。
e0080860_2258469.jpg

by biwako_freeride | 2008-11-08 23:09 | MTB | Trackback | Comments(0)