タグ:OREGON ( 4 ) タグの人気記事
GARMIN OREGONの液晶保護フイルムの交換
 GARMIN OREGON 650TCJの購入時から付けていた液晶保護フイルムが、雨で濡らしてから、表面が剥離する感じでボロボロになったので、今回は、高硬度のアンチグレア仕様の保護フイルムに交換した。しっかりした素材のフイルムで、画面が見やすくなった。

e0080860_17323557.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2017-07-22 17:33 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
GARMIN OREGON 650TCJ をMTBに取り付け
 今日は、GARMIN OREGON 650TCJ をマウンテンバイク CANNONDALE FLASH 29ERに取り付ける。取り付けは、オレゴン専用のハンドルバーマウントブラケットを、2本のタイラップで固定するのだが、トレイルを走るので、安定して固定でき、障害物に当たりにくいところを検討すると、マウンテンバイクのトップチューブかステムになる。OPIステムに取り付けると、ちょうどセンターに固定でき、ハンドルバーから前に飛び出さず、位置的にもちょうど良かった。

e0080860_187041.jpg

e0080860_1872883.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-12-29 18:08 | MTB | Trackback | Comments(0)
GARMIN OREGON 650TCJ をロードバイクに取り付け
 GARMIN OREGON 650TCJ をロードバイクCANNONDALE SUPERSIXに取り付ける。オレゴン専用のハンドルバーマウントブラケットを使用。ブラケットをステムに取り付けようと考えたが、EASTON EA90 SLのステムの形が大きく、手持ちのタイラップでは短すぎて届かなかったので、ハンドルバーのセンター寄りに取り付けた。ハンドルバーマウントブラケットは、オレゴンの背面のマウントアングルにスライドさせて固定するので、結構頑丈だが、万が一落下させないよう、オレゴンのマウントアングルのDリングに、携帯電話用のストラップを付けて、ハンドルに通している。

e0080860_1158439.jpg

 また、OREGON 650は、ANT+のセンサーを接続できるので、スピード/ケイデンスセンサーGARMIN GSC10を取り付けた。ただし、オレゴンで計測するのは、ケイデンスのみで、タイヤの回転数から計測するスピードセンサーには対応していないので、マグネットはペダルのみ取り付け、スポークには取り付けていない、速度はGPSで計測するようだ。

e0080860_1159532.jpg

 ロードバイクでOREGON 650をサイクルコンピュターとして使うのには、アプリケーションのトリップコンピューターを使うのだが、表示できる項目が、画面上部のダッシュボードと、その下のデータ項目で、データ項目は1ページに最大8つ(項目数2、5、6、8)表示可能。ページは最大10ページまで設定可能なので、表示項目は乗りながら検討しようと思う。ロードバイク用とMTB用の表示項目を別ページにして表示できる。ダッシュボードは、共通する速度表示がよさそう。これまで使用していたCATEYEのサイクルコンピュターと比べると、画面も大きく、表示できる情報量も多いので、とても使いやすくなった。

e0080860_1159126.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-12-28 22:57 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
GARMIN OREGON 650TCJ
 これまで、スマートフォンXPERIAのGPSアプリ(地図ロイド、STRAVA)を使っていたが、ログをとるだけでなく、現在地を確認したりすると、バッテリーが半日程度しかもたず、私の活動パターンの場合は、全く使い物にならなかった。スマートフォンは、緊急時の携帯電話としても使用したいので、GARMINのGPS専用機を検討した。

①ロードバイク用にGARMIN EDGE 510J、MTB用にETREX 30J
・EDGE 510Jは、地図表示無しの自転車用。ETREX 30Jは、地図表示有のアウトドア用。
・それぞれの機能に特化した2台持ちがベストだと考えたが、地図ソフトを含めると、やはり割高。ロードバイクとMTBに、同時に乗ることはなく、基本MTB乗りなので、ETREX 30Jの1台で良いかも。

②ETREX 30J 
・ANT+互換のケイデンスセンサーと接続でき、トリップコンピュターとして、ロードバイクでも使えそうだが、自転車の走行中に画面を確認するのに、画面が小さい感じ。操作がスティックとボタンだが、雪山で使うのではないので、タッチパネルの方が使いやすそう。

③EDGE 810J
・地図表示が出来、タッチパネル操作だが、バッテリーが充電式で、山の中(MTB)で使用するのに不安がある。やはり乾電池が使える方が良い。

④OREGON 550
・大き目の液晶画面で、タッチパネル操作。乾電池使用可。ANT+互換センサー接続可。12月末に、OREGON 650TCJが販売開始らしい。

 検討結果、GARMIN OREGON 650TCJに決定。特に、準天頂衛星みちびき/GLONASS対応で、測位精度に期待。日本登山地図(TOPO10MPlus)と日本詳細道路地図(シティナビゲーター)がプレインストール済で、すぐに使えそう。最近、忙しくて、英語版を日本語化して、地図を入れる気力が無かったので、日本語版を購入した。その他、液晶保護フイルム、ニッケル水素バッテリーパック、ケイデンスセンサー、ハンドルバーマウントブラケットも購入したが、後日到着予定。年末年始の休暇中にじっくり使ってみるつもり。

e0080860_20231765.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-12-26 20:23 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)