タグ:PADDLEBOARDING ( 11 ) タグの人気記事
2015-07-26 PADDLEBOARDING
 今日も琵琶湖でPADDLEBOARDING。午後から、琵琶湖ではイレギュラーな南西の風がサイドで吹いてきて、ウインドサーフィンのプレーニングコンディションになった。今日の風は全くノーマークで、ウインドサーフィンの道具は持って来なかったので、 SUPのNAISH JAVELIN X28 12'6"で、風上側に必死に漕いで、風下側へのダウンウインドを繰り返す。今日のようなチョッピーで海面の悪いコンディションでは、ボード幅の広い安定感のあるX28にしてよかったと感じる。JAVELINはFLATWATERの平水面向きのボードにも思えるが、ダウンウインドで風下に走らせやすく、風波だが、小波を乗り継いで、GLIDEできた。琵琶湖では、風と波のコンディションが限られるが、SUPのダウンウインドは楽しそう。

e0080860_2344123.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2015-07-26 23:44 | SUP | Trackback | Comments(0)
2015-07-25 PADDLEBOARDING
 今日は猛暑日予報が出ていたので、琵琶湖なら少しでも涼しいだろうと思い、PADDLEBOARDINGへ。今日の琵琶湖は、微風、平水面の乗りやすいコンディションだったので、NAISH JAVELIN X28 12'6" GXにかなり乗り込めた。風上側や風下側に走らせる際のボードの上の立つ位置やターンの際のバックステップの位置によるカーブ半径のコントロールが分かってきた。暑くなったら水に入ってクールダウン。

e0080860_23562438.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2015-07-25 23:57 | SUP | Trackback | Comments(0)
2015-07-12 PADDLEBOARDING
 今日は、琵琶湖で、PADDLEBOARDING。NAISH JAVELIN X28 12'6" GXのフィンをいろいろ付け替えて試す。付属の9.5inのフィンは、オールラウンドに使えるとのことだが、どちらかというとダウンウインド向きに感じる。風やうねりを横から受ける場合は、GLIDEで使用していたベース幅の広いフィンの方が、安定した感じだった。フィンによるトップスピードの違いは、よく分からず。

e0080860_2220229.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2015-07-12 22:21 | SUP | Trackback | Comments(0)
NAISH LAKE BIWA PADDLE CHALLENGE 2014 DAY2
 NAISH LAKE BIWA PADDLE CHALLENGE 2014の2日目を観戦。今日は、ハードボードの14'アンダー、12'6"アンダーのオープンクラスのロングディスタンス・レースが開催されるので、選手の漕ぎ方、道具などをチェックした。
 レースボードは、NAISHのイベントだけあって、12'6"のJAVELINが多く、2015年モデルのX26 LEもあった。2014年モデルの26"LEと比べて、ノーズのデザインなどが変わり、平水面では早そう。2014年モデルの幅24"のLEは、見た目が細長く早そうだが、ダウンウインドのみのレースではなく、今回のL字コースのようなロングディスタンスは、横からうねりを受けるレグがあったり、混戦のレースでは、他のボードの横波を受けたりして、バランスをとって乗り続けるのが難しそう。早い選手は、最後までパドルを漕ぐフォームが乱れず安定しているが、サンデー・レーサーの場合、ある程度のボード幅があった方が、安定して漕ぎ続けられるように思った。今日のレースでは、早い選手では、1kmを7分ぐらいのペースであった。GPSウォッチ(GARMIN FOREATHLETE 910XTJ)は、ペース表示もできるはずなので、今後は、ペースをチェックしながら乗ろうと思う。
 また、昨日も今日も気温は高めで、漕ぎ続けるのには暑すぎるコンディション。漕ぎながら水分補給を行うのに、キャメルバックなどのハイドレーションを使っている選手も多かった。キャメルバックは、リザーバーの手入れが大変なので、個人的には敬遠していたのだが、やはりレースでは必要か。
 今回のレースが開催された琵琶湖 宮ヶ浜は、山に囲まれた入り江になっていて、正面に沖島があるので、風が入りにくく、ウインドサーフィンには適さないが、フラット・ウォーターのSUPのレースに適しているビーチである。休暇村近江八幡のホテルから砂浜のビーチまでは、芝生のセッティングスペースがあり、レースイベントを開催するのに、施設も充実しているので、このイベントが定着し、琵琶湖でSUPが一層盛り上がるのを期待したいと思う。

e0080860_992353.jpg

e0080860_9123518.jpg

e0080860_913924.jpg

e0080860_9133481.jpg

e0080860_9141830.jpg

e0080860_9144895.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-09-07 23:30 | SUP | Trackback | Comments(0)
2012-09-02 SUP 琵琶湖
 9月になっても、まだまだ夏モードの天気が続き、琵琶湖にパドルボード(NAISH GLIDE 12')を漕ぎに行く。気温、水温ともに高いので、水遊びに来ている人も多い。今日は、水上で水分補給ができるように、肩からかけるペットボトルのホルダーに、スポーツドリンクを持って行った。さすがに漕ぎながらは飲めないが、途中、水上でも止まって水分補給できると、漕いでいても、かなり楽に感じ、ひたすら湖岸沿いをクルージング。

e0080860_18415015.jpg

e0080860_18155260.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-09-02 21:49 | SUP | Trackback | Comments(0)
2011-09-10 SUP 西の湖
 今日は、西の湖にSUPに行く。西の湖は、琵琶湖の内湖で、周囲をヨシ帯に囲まれたラムサール条約登録地であり、豊かな自然が残っている。また「近江八幡の水郷」は、重要文化的景観として選定されており、水郷めぐりなどの観光も行われていて、以前からSUPで行ってみたいと思っていた。
 しかし、駐車スペースがあって水辺にアプローチできる箇所が、観光船やバス釣りボートの船着き場の桟橋ぐらいしか思いつかず、なかなか実行できないままであったが、最近MTBで走っていた時に、出艇できそうな場所を発見。ようやく西の湖で初めてSUPに乗る。
 いちおう地元なので土地勘と方向感覚はあるつもりだったが、ヨシに囲まれた水路を行くと、行き止まりもあったりで、ちょっと焦る。事前に地図を覚えておいた方が良いが、のんびりクルージングするのには、良いところである。また、広い中央部は、極上の平水面で、NAISH GLIDEには、抜群のコンディション。漕いでいて、結構スピードも出た方で、ボードをGLIDEさせる乗り方というのが、なんとなく分かってきた。スピードに応じて、出来るだけボードの後ろ目に立つのが良さそうだ。

e0080860_19384673.jpg

e0080860_19391053.jpg

e0080860_19393888.jpg

e0080860_2252489.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2011-09-10 19:40 | SUP | Trackback | Comments(0)
2011-08-27 SUP 琵琶湖
 今日は気分を変えて、琵琶湖でも普段、ウインドサーフィンでは行かないゲレンデで、SUPをやってみようと思い、琵琶湖大橋の方に行く。
 ピエリ裏から出て、橋沿いに対岸まで行けそうなので、パドルを漕いでいると、ほぼ無風なのに、変なうねりがあって非常に乗りにくい。どうやら橋の中央は船舶の航路になっていて、今日は週末のせいか、クルーザーやモーターボートなどのプレジャーボートが左右からひっきりなしにやってくる。変なうねりは、次々やってくる船のひき波であった。
 SUPの私に気づいて、スピードを落としてくれたクルーザーもあったが、フルスロットルで左右から連続して通過するボートもあって、SUPとプレジャーボートのスピード差では、橋の橋脚にも近く、SUPで航路を横断して対岸まで行くのは危険と判断。遠くに夕立雲も見えたため、引き返してラフォーレ前のなぎさ公園を目指してクルージング。
 プレジャーボートが多い時は、SUPで琵琶湖大橋に近寄らない方がいいです。

e0080860_20545247.jpg

e0080860_20551529.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2011-08-27 20:56 | SUP | Trackback | Comments(0)
2010-09-19 SUP 琵琶湖
 今日は、奥さんがSUPをやりたいとのことで、琵琶湖 新海浜へ行く。最近、芸能人でSUPをやっている人もいるみたいで、フィットネス効果もあることから興味を持ったようだ。
 行く前に、インターネットの動画でパドルボードの乗り方を見たのと、今日実際に乗って見せただけだが、いきなりパドルボードの上に立って、沖の方へ漕いで行ってしまった。
 今日の琵琶湖は穏やかな平水面で、NAISH GLIDEも浮力がかなりあるので、乗り易かったと思うが、全く初めてでも、なんとか格好になっているので、ちょっと驚きである。
 パドルボードの持ち運びの重さ、自宅での保管場所や艇庫のシステムなど、SUPが一般的に広く普及するためには課題もあるが、空気でふくらますタイプで持ち運びも簡単なSUPもあり、穏やかな平水面のコンディションで、乗り易いボードなら、すぐに乗れるようになるので、琵琶湖では、SUPはウインドサーフィンより、メジャーになる可能性があるように思う。

e0080860_1224697.jpg

by biwako_freeride | 2010-09-19 23:30 | SUP | Trackback | Comments(0)
2010-09-18 SUP 琵琶湖
 昨日まで琵琶湖に吹いていた北風だが、今日は吹かないような感じになってきたので、琵琶湖へSUPに行く。ウインドサーフィンは車に積まなかったので、行く途中で、ウインドサーフィン向きでは日頃行かないビーチに行こうと思って、宮ヶ浜に行った。
 宮ヶ浜は、沖島が目の前にあり、芝生の広場があって、ロケーションが良いビーチ。周りに山があり、入り江っぽくなっているので、風が入りにくく、湖面は穏やかなフラットウォーター・コンディション。そのためカヌーの人も多く、SUPのフラットウォーター・クルージングにも良いビーチだと思う。
 今日は思いつきで宮ヶ浜に行ったため、目の前に見える沖島までの、距離感が分からず、沖島までは行かなかったが、宮ヶ浜からだと最短距離で行けそうなので、コンディションが良い日を狙って行ってみようと思う。

e0080860_20105649.jpg

e0080860_20185075.jpg

e0080860_20191430.jpg

by biwako_freeride | 2010-09-18 20:01 | SUP | Trackback | Comments(0)
2010-08-29 SUP 琵琶湖
 今日も猛暑は続くが、夕方は少し涼しいかもと思い、琵琶湖へSUPに行く。夕方の日差しは、少しは弱くなっているが、風が無いので、まだまだ暑い。水着のトランクスだけで、SUPで水上に居ると、暑さも少しはましに感じるが、パドルを漕いでいると、汗だくで暑くなってくる。水につかっても、ぬるい感じで、もう少し涼しくなって欲しいものだ。
 例年8月の琵琶湖は、お盆を過ぎると、北~北西の風がよく吹くのだが、今年は、太平洋高気圧がずっと強く、琵琶湖以外の南西・南東のゲレンデは、吹いているようだが、琵琶湖のレギュラーの北系の風は、ほとんどまともに吹いていない。長くウインドサーフィンをやっているが、こんな夏は初めてである。

e0080860_23161445.jpg

by biwako_freeride | 2010-08-29 23:18 | SUP | Trackback | Comments(0)