タグ:PATAGONIA ( 11 ) タグの人気記事
冬のマウンテンバイクのウェア
 冬のマウンテンバイクのウェアは、アウトドアブランドのトレッキングやトレイルランニング用のウェアを着用している。メインのジャケットは、以前から使用している薄手のゴアテックスのPatagonia Light Flyer Jacketで、そんなに寒くなければ、下にはベースレイヤーのPatagonia CAP4のみ。寒かったら、中に何かもう一枚トップスを着る。Milletのジップネックのトップスと中厚素材のクライミングパンツは、アウトレットストアで購入したものだが、最近のお気に入り。クライミングパンツの右足クランク(チェーン)側の裾留めには、mont-bellのリフレクティブ サイクルバンド ワイド。首周りの保温用には、ロードバイクに乗る時も使用しているRapha Winter Collar。ヘルメットはFOX FLUX。その他の持ち物では、バックパックGREGORY MIWOK、熊よけの鈴などは変わらず。マウンテンバイクのウェアのテーマカラーはオレンジです。

e0080860_20273179.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-12-31 20:31 | MTB | Trackback | Comments(0)
2014-11-15 MTB 永源寺トレイル
 700×32CのPANARACER CG CXタイヤを付けたCANNONDALE FLASH 29ERで、自宅から自走してトレイルへ。32Cのタイヤは舗装路では楽に走れる。今日のトレイルは、思っていたより道が荒れていて、路面に岩がゴロゴロしていた。フルサスで幅広のブロックタイヤのMTBなら普通に走れるところだが、32Cのタイヤでは、細いタイヤが岩にはじかれて、タイヤの空気圧を下げると良かったのかもしれないが、グリップ感がいまいちで、コントロールが難しかった。今日のトレイルは紅葉はきれいだったが、トレイルでの走りは、とても苦戦したので、自宅までの帰りはヘロヘロ。32Cのタイヤでは、自走して行ける範囲は広がるが、私のレベルでは、ガレ場のトレイル向きではなく、いわゆる「グラベル」という土系の路面を走るのにしておいた方がよさそう。今日は午後から時雨れてきて寒く、たまたま着ていたゴアテックスのPatagonia Light Flyer Jacketが役立った。また、今日11月15日から狩猟解禁であり、山の中のトレイルでは他の人に気づいてもらえやすいように、視認性の良いオレンジ色のジャケットで、熊よけの鈴を付けて走った。

e0080860_22141549.jpg

e0080860_22144651.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-11-15 22:13 | MTB | Trackback | Comments(0)
PATAGONIA PADDED BIG WAVE VEST
 SUPの時に使っているフローティング・ベスト。プルオーバータイプで、ファスナーなどは無いが、伸縮性の良い素材なので、ジャストサイズでも、脱ぎ着はしやすい。11枚のフォームのおかげで、淡水の琵琶湖でも、楽に浮いていられる。元々は、大波のサーフィン用のフローティング・ベストだと思うが、着ていることにより、SUPでかなり沖に出ていても安心感がある。自然の中で遊ぶことは、絶対に安全ということはないので、自分自身の安全は、自分で守ることが大事。また、このベストの上に、ウエストハーネスも着けられそうなので、ウインドサーフィンにも使えそう。

e0080860_23192461.jpg

e0080860_23195245.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-29 23:20 | SUP | Trackback | Comments(0)
Patagonia Light Flyer Jacket
 真冬のマウンテンバイクのトレイルライド用ジャケット。ゴアテックスのハードシェルだが、軽量でソフトな着心地。防風性が高いので、インナーにキャプリーン4のジップネックだけでも寒くない。暑くなった時は、上腕部分のジッパーを開けると、背中のベンチレーションに風が通って涼しくなる。Paintbrush Redという、オレンジ系の色も視認性が良く、 元々は、トレイルランニング用のウェアだが、マウンテンバイク用としても最適。冬でも暖かいぐらいの天気であれば、厚手のベースレイヤーの上に、このジャケットだけでもよい。

e0080860_23193919.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-02-15 20:21 | MTB | Trackback | Comments(0)
冬のBIKEライド・ウェア
 冬にロードバイクに乗るようになってから、乗っていて寒さを一層感じるようになり、防寒対策が欠かせなくなってきた。基本はMTB乗りなので、MTBに乗る時と同じような恰好だが、ロードバイクに乗る時は、防寒グッズが欠かせなくなった。
 頭部は、特に耳が寒く感じるので、耳までカバーするビーニーをヘルメットの下に被る。寒さやライディングの強度によって、パタゴニアのウール混またはキャプリーン4のビーニーを着用。
e0080860_20443619.jpg

 トップのベースレイヤーには、パタゴニアのキャプリーン4のジップネックを着用。今シーズンモデルから生地素材が改良されたようで、保温性があるが、汗冷えが少ない。内側の薄手のフリースのグリッド構造が、通気性もあって快適な着心地になっているようだ。今シーズンのキャプリーン4は、自分的にはヒット商品で、買ってよかった一品。そんなに寒くなければ、ベースレイヤーとモンベルのサイクルジャケットだけで十分だが、寒さに応じて、パタゴニアのナイン・トレイル・ジャケットや下にR1かR2のフリースを着る。グローブはパールイズミの防風タイプ。
e0080860_20451273.jpg

 パンツは、パッド付のサイクルショーツかCWXの上に、パタゴニアのクールウェザー・タイツ。ピチピチのシルエットではなく、トレイルランニング用のややルーズな感じのシルエット。耐風性があって暖かい。また、途中にお店に行ったりするようなツーリングメインの時は、ミレーのクライミングパンツを着用。冷える足先には、パールイズミの厚手のソックス。足先のあまりの寒さにシューズカバーも考えたが、自転車を降りた時の見た目が格好悪いので、ロードバイクで寒さに我慢できなくなったら、靴用の使い捨てカイロを使ってみようと思う。
 マウンテンバイクにもロードバイクにも合うようなウェアとして、自転車用ではないが、各アウトドア・ブランドのトレイル・ランニング系のウェアが充実しているので、使えるように思う。
e0080860_20453610.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-14 20:48 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
パタゴニア京都
 昨年12月にオープンしたパタゴニア京都に行く。パタゴニアのブリーフケースのファスナーが壊れてしまい、リペアサービスに郵送してもよかったが、京都に行く用事があったので、お店に立ち寄って修理に出してきた。お店は、地下鉄 烏丸御池駅すぐの新風館1階の、以前はBEAMSがあったところにあった。パタゴニアは、オンライン・ショップが充実しているので便利だが、関西の直営店は、大阪、神戸にしか無く、スポーツ系のウェアをジャストフィットで着るのに、試着してサイズを確認したい場合や、微妙な色目を確認したい場合があって、直接見て試着できる直営店が、京都にできて便利になった。滋賀県の自宅からだと、JR、地下鉄で1時間ぐらい。

e0080860_11554834.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-01-02 23:54 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
冬のMTBトレイルライド・ウェア
 冬のMTBでのトレイル・ライド用のウェアについて、機能的には、XCレーシング用のジャージやタイツが優れていて、レーシングジャージで乗っていると気合が入って良いが、レース本番でもないのに、変に目立ち過ぎるのはどうかなあと思っているので、山の中や街中でも違和感が無い程度のアウトドアスタイルにしている。
 ベースレイヤーは、PATAGONIA・キャプリーン3・ミッドウエイト・ジップネック。寒い時期は中厚タイプ。ジップネックは、体温調節に便利。
 ジャケットは、ナイン・トレイルズ・ジャケット。基本的に雨が降らない場合に着用。非常に軽く、背中と脇の下は透湿性のある素材。冬でも天気が良ければ、中厚のベースレイヤーとジャケットのみで寒くない。
 休憩中や下りや行き帰りで寒い時は、中にフリースのR1フルジップ・ジャケットを着る。マウンテンバイクの場合は、トレイルのアップダウンなどで冬でも暑くなるので、ウェアを脱ぎ着して体温調整するのが良いと思う。
 パンツは、L.L BEANのストレッチ素材のスリムタイプのトレッキングパンツ。下にCWXのタイツを着用。
 その他、非常用工具、予備チューブ、補給食などを入れるバックパックは、GREGORY MIWOK、トレイルでMTBの走行中に、ハンターやハイカーなど他の人に気づいてもらえやすくするためのクマ除けの鈴、シューズはシマノSPDのミドルカットのトレッキングシューズなど。

e0080860_22343534.jpg

e0080860_22345363.jpg
e0080860_22351017.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-15 22:38 | MTB | Trackback | Comments(2)
PATAGONIA NANO PUFF PULLOVER
 最近、寒い日が続くが、軽くて暖かいので、普段でもよく着ているのが、PATAGONIA NANO PUFF PULLOVER。シェルジャケットのインナーや単独でアウターとしても使える優れもの。胸ポケットに入れ込むようにたたむと、コンパクトに収納でき、携帯するのに便利。フリースでは、ここまでコンパクトに収納出来ない。また中綿は、化繊のプリマロフトで、濡れても保温性がある素材。ダウンも軽くて保温性が優れているが、ダウンは、水に濡れると水分を含んでしまうので、保温性は悪くなる。このあたりの冬の天気によくある湿った雪、みぞれ、時雨れて寒い場合に着用するのには、ダウンより、化繊の中綿の方が良いように思う。

e0080860_23184346.jpg

e0080860_23185714.jpg

by biwako_freeride | 2011-01-11 23:11 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
PATAGONIA RUNSHADE TOP
 春夏のマウンテンバイク用のウェア。トレイルを走るので、長袖で、登りで暑い時に、温度調整がしやすいジップネック。オレンジ系のカラーなので、車道を走る時でも、自動車からは目立つと思う。

e0080860_20461613.jpg

by biwako_freeride | 2009-04-09 20:37 | MTB | Trackback | Comments(0)
Patagonia Neck Gaiter
 この頃、家にいる時や通勤の時には、神戸のパタゴニアで買ったネック・ゲイターをずっと着けている。肌触りの良いマイクロ・フリースが2重になっているので、首周りが暖かく、冬の間中、離せなくなりそうである。

e0080860_22322314.jpg


by biwako_freeride | 2006-12-24 22:37 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)