タグ:POWER ( 2 ) タグの人気記事
MICHELIN POWER ENDURANCE を装着
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXに、MICHELIN POWER ENDURANCE 700x23Cを装着。このタイヤは、トレッドに薄い溝が入っていて、回転の方向性がある。装着する前に、タイヤの内側とチューブに、パナソニックのタイヤパウダーを塗る。タイヤをリムにはめるのに、ビードワックスも使ったが、とてもはめにくかった。空気を入れて少しの距離を走って見ると、タイヤが硬めで、しっかりしている感があって、SCHWALBE ONEと同じぐらいの110~120psiぐらいの空気圧だと、跳ねる感じがしたので、低めの100psiぐらいにした。空気圧を下げられるので、乗りごごちは良い。スタートからの加速感は、SCHWALBE ONEの方が良かった感じはするが、高速巡行性は、MICHELIN POWER ENDURANCEの方が良いように感じた。海外通販を使えば、価格はそれほど高くない。結論として、やはり新しく開発されたタイヤは良い。

e0080860_10151877.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-10-09 19:39 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
MICHELIN POWER ENDURANCE
 CANNONDALE SUPERSIXに装着しているSCHWALBE ONEの次のタイヤとして、MICHELIN POWER ENDURANCE 700x23Cを購入。今回、新しいタイヤを決めるのにあたっては、SCHWALBE ONEも良かったし、再び、CONTINENTAL GRAND PRIX 4000S2も考えたが、新しいMICHELIN POWERシリーズを一度使ってみたかったので決定。
 POWERシリーズは、レース向き高速型のCOMPETITION、グリップ重視の全天候型のALLSEASONもあるが、私の乗り方に一番合いそうな、ツーリング向き耐久型のENDURANCEにした。POWER ENDURANCEは、タイヤサイドのカラーが4色ある。SUPERSIXのフレームカラーが黒×白なので、カラーコーディネートとしては、タイヤサイドが白いもカッコいいのだが、白は汚れも目立つし、一番性能が良さそうな黒にする。装着する前に触ってみた感じでは、タイヤのセンターの厚みがあって、耐パンク性能は高そうな感じで、期待できそう。

e0080860_23304036.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-10-08 23:32 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)