タグ:SUPERSIX ( 133 ) タグの人気記事
CATEYE V2C
 CANNONDALE SUPERSIXにサイクルコンピューターを取り付けた。トレーニング用として目安になるケイデンスが計測できるタイプ。心拍計が必要になれば、ランニングでも使える腕時計タイプを買い足せばよいと思い、スピード、ケイデンス、時計表示ができるものにした。取り付けは、左チェーンステーにセンサーをタイラップで固定し、後輪のスポークと左クランクにマグネットを取り付ける。サイクルコンピュターは、ハンドルバーに取り付けた。ワイヤレスなので配線は必要無く、見た目はすっきりする。試に走ってみると、走行中にスピードやケイデンスが確認できるのは、やはり便利だが、ボタンが小さ目で、グローブをしていると、走行中に操作するのは慣れが必要。

e0080860_212522.jpg

e0080860_21252129.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-02 21:33 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
SUPERSIXの調整ライド
 CANNONDALE SUPERSIXのライディング・ポジションを長めの距離を走りながら、楽に長く走れる方向で調整。まずステムは100mmより短めが良さそう。また長時間乗ると、パッド入りのショーツをはいているのに、おしりが痛くなる。シートポストの高さ、サドルの位置を5mm単位で微調整したが、あまり改善しない。Fi'zi:k Arioneサドルが、自分には合わないのかもしれない。また、スピードが出る分、普段用の眼鏡では、目に風の巻き込みを感じ、集中して乗っていられなかった。スポーツ用のサングラスが有った方が良さそうだが、目が悪いので、度付にする必要があり、カーブの多いレンズの加工ができるサングラスが、近くで作れるところがあるのかリサーチ必要。また、ケイデンスが計測できるサイクルコンピュターもあった方が良いと思った。やはり色々必要になってくる。

e0080860_16422422.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-11-25 22:49 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CANNONDALE SUPERSIX 3 ULTEGRA
 MTBからROADに転向したのではありません。普段、MTBで山に行けない時のトレーニング用として、がちがちのレーシングモデルではないロードバイクを検討していたところ、2012年モデルのCANNONDALE SUPERSIX 3 ULTEGRAの54サイズがセールになっていたので、先週に購入。レースにでるわけでもないので、HI-MODではないカーボンフレームにほうが、マイルドな乗り味で、ロングライドのトレーニングには良さそうで、サイズもちょうどよかったので決定。
 今日は、引き取りに行って、ヒッチキャリアに積んで帰る。早速、使っていなかったMTB用のシマノXTのSPDペダルを取り付けて、今日のところは、軽く乗りながら、サドル、シートポスト、ハンドルなどのポジションを調整する。これまでMTBばかり乗っていたので、アップライトなポジションに慣れてしまっており、ハンドルが低く遠くに感じ、最初から付いているCANNONDELE C2ステムの長さを、短くするのが良さそうに感じたが、ステムが下向きの角度だったのを、とりあえず上向きに付け替えて乗ってみる。やはりロードバイクは、舗装路でスピードを維持しやすく、舗装路を走るだけなら、これはこれで楽しい乗り物である。

e0080860_16431942.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-11-24 23:23 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)