タグ:WINDSURF ( 92 ) タグの人気記事
2016-08-11 WINDSURFING
 琵琶湖でウインドサーフィン。夕方、サーマル風の北風が吹いてきて、6.3のセイルで、ぎりぎり乗れる。

e0080860_11102477.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2016-08-11 23:07 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2015-09-20 ウインドサーフィン 琵琶湖
 今日は、北系の風が吹くのが明らかだったので、琵琶湖でウインドサーフィン。ほぼ、1年ぶりのプレーニングだが、セイル6.3のマイルドコンディションで、スタンド・アップ・パドルボートや自転車には乗っていたので、意外と普通に乗れた。水温はまだ高いが、北風に当たるとひんやりするのでシーガルを着用。
 最近は、風が吹くのを待っていて、天気予報が外れ、ウインドに乗らずに1日が終わってしまうのが嫌なので、天気予報が怪しかったり、時間の無い時は、スタンド・アップ・パドルボードか自転車にして、明らかに風が吹いていて、時間の有る時しかウインドに行かなくなってしまったが、今年の夏は、水着でプレーニングできなかったのが残念。

e0080860_064960.jpg

e0080860_9433773.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2015-09-20 23:55 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2014-09-13 ウインドサーフィン 琵琶湖
 今日の琵琶湖は、午後から、北西の風が比較的コンスタントに吹いた。ピークで、セイル6.3オーバー。最近は、琵琶湖でウインドサーフィンに乗れているので、ようやく勘が戻ってきた感じで、オンショアの風波でバックサイドに振ったり、ジャンプする余裕が出てきたが、怪我せず道具を壊さない程度にしておく。今日はシーガルを着て乗ったが、ちょっと暑かった。

e0080860_22541488.jpg

e0080860_23314932.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-09-13 23:32 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2014-09-07 ウインドサーフィン 琵琶湖
 今日は午前中、NAISH LAKE BIWA PADDLE CHALLENGE 2014を観戦して、午後から北風が吹いてきたので、ウインドサーフィンへ。NAISH FS115+EZZY WAVE6.3でチョイプレ。今日は夏のような軽い風で、思ったほど吹き上がらず、スラロームコンディション。今日は水着のトランクスとスキンのベストで乗れた。

e0080860_22565135.jpg

e0080860_9351794.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-09-07 23:55 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
ハーネスラインのチューブ交換など
 先日、1年ぶりにウインドサーフィンに乗って、ハーネスをかけたら、NEILPRYDE X7ブームのハーネスラインの保護チューブが劣化していて、ぼろぼろになってしまった。ダカインのローラータイプのフックを使っていて、淡水の琵琶湖のみで、ほとんど乗っていなかったが、チューブの寿命が来たようた。幸い、ロープ・シートは大丈夫そうで、チューブのみ交換する。近くのホームセンターで、使えそうなチューブを探すと、エアー用のポリウレタン・チューブを発見。色は透明で補強の入っているタイプが、シートの状態が分かるのでよいかな思ったが、見た目重視で、赤系のブームとセイルに合うオレンジのチューブにする。
 その他、ボードのエアバルブ用と、2ピースマストの継ぎ目や、マストとジョイントの継ぎ目に使うOリングが劣化していたので、併せて購入し、交換した。後は、STREAMLINEDのジョイントベースのウレタン・ラバーもそろそろ交換した方が良さそうだが、次はいつ乗れることやら。

e0080860_2221119.jpg

e0080860_22213284.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-10-14 22:29 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2013-10-12 ウインドサーフィン 琵琶湖
 この日が来るのを待っていた!ようやく休日と琵琶湖の北風コンディションが合い、琵琶湖にウインドサーフィンに行く。プレーニングコンディションは1年ぶり。昼前は、まだ風が安定して吹いていなかったが、リハビリをかねて、6.3のセイルで乗る。そのうちオーバーになり、5.5に代える。夕方5.5がオーバーになったところで、余力を残して、良いイメージのまま終了。
 1年ぶりに乗ったわりには、そこそこ乗れた方で、スタンドアップパドルボードや自転車には乗っていたので、体力的には維持できていたと思うが、実は、中古だが、NAISH KONCEPT 100を購入していて、今日は、このボードのおかげによるところが大きいと思った。このボードは、長さ240cm、幅62cmで、十分な幅があり、安定感がある。オンショアでも良く走り、ジョイント付近から前よりにボリュームがあり、スープを越えて行きやすいし、テイルは、やや細身で回転性も良く、今時のボードは、楽で、楽しく乗れることを実感した。手持ちのセイルが、EZZY WAVEの6.3、5.5、4.7の3枚なので、冬にWAVEは乗らず、琵琶湖だけなら、このボード1本で間に合うように思う。また、今日はシーガルで乗れたが、これからは寒くなるとドライが必要。

e0080860_162266.jpg

e0080860_1621648.jpg

e0080860_1623372.jpg

e0080860_1624575.jpg

e0080860_19455173.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-10-12 19:46 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
VAAVUD SMARTPHONE WIND METER
 以前に注文してあったスマートフォン用の風速計VAAVUD SMARTPHONE WIND METERが、デンマークから届く。風速計の仕組みは、スマホのヘッドフォンジャックに取り付けた風杯部のマグネットの回転を、専用アプリのVAAVUDを使って、スマホの磁場センサーで計測しているようだ。ヘッドフォンジャックに取り付けるのは、計測する風杯部をスマホに固定するためだけである。風速計の電源は不要なので、アウトドアで使用するのに好都合。専用アプリのVAAVUDは、iPhoneとAndroid用があって、ほとんどのスマホに使えるようだが、Samsung Galaxy S2用の取り付けキットが付属していた。
 私の所有するXPERIA Zの場合、そのままヘッドフォンジャックに固定して使えたが、磁気センサーの周波数が最新版のようで、現在のところ、計測できる最大風速は約15m/sだそうである。将来的には、アプリがアップデートされるだろうと思うが、今の手持ちの最小セイルサイズが4.7で、15m/sも吹いたら乗れないので、私がウインドサーフィンで使うのには、不都合はない。
 また、この風速計の可能性を感じるのが、WEENDYというアプリで、各地の風速情報を、スマホのGPSで場所を特定してGoogle mapに表示し、地球上の風速情報をクラウドソース化できるもの。ウインドサーフィンを始めて20年以上になるが、風速情報の共有がここまでできるようになったのは、大きな進歩。しかしGPSで位置を特定され、乗っている場所がローカルなポイントでも、ばればれになるのが欠点。

e0080860_23592283.jpg

e0080860_003332.jpg

e0080860_005259.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-02 23:57 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
Hi-Wind 2013/04
 ふらっと書店に入ったら、雑誌Hi-Wind 2013/04号がカタログ号だったので購入。2013年モデルのウィンドサーフィン関係のギアが掲載されている。その中でも一番気になったボードは、STARBOARD BLACK BOXで、超ショート&ワイドでスクエアテイルのトライフィン。ボリュームは87Lで、オンショア、ライトウインド用のウェイブボードということで、琵琶湖で乗ってみたいボード。現実的に購入したいボードは、琵琶湖の中風用で、100LぐらいのFREESTYLEWAVEかFREEWAVE系のボード。最近では100L超でも、トライフィンやクワッドフィンのボードもあるが、オンショアだったら、シングルフィンの方がよく走りそうな気がして悩ましい。昨年12月の御前崎ワールドパフォーマンスでは、ビクター・フェルナンデスが、FANATIC FREEWAVE 95Lのトライフィンに乗っていたようで、プロが乗るとフリーウェイブ系のプロダクションボードでも、ここまでのパフォーマンスができるということなので、私レベルなら十分すぎる性能だと思う。なお、現在は円安傾向なので、2014年の海外モデルはもっと値上がりしそうな感じ。そんな中、日本のBURLEIGH HEADSのボードは、良心的な価格設定だと思う。
 セイルは、現在EZZYを使っているので、今年のモデルならTIGERかなと思う。今使っているサイズは、6.3、5.5、4.7の3枚であるが、冬に乗らないと割り切れば、一番小さいサイズは5.0でよさそうな感じもしていて、3枚だったら6.9、5.8、5.0か、6.9、6.0、5.2か、やはり今と同じサイズで3枚か。また、ある程度吹いた時しか乗らないのであれば、6.0、5.0か、5.8、5.0の2枚でもいいかもしれない。LEGACYは、6バテンだが6.5のサイズがあるのが魅力的で、マストパッドなどをオプションにして、価格を下げているようだ。私レベルならLEGACYの6.5、5.8、5.2でも十分のような気もする。
 フィンでは、MAUI FINのSUP用のカイ・レニーも使っている赤いRACINGが目新しいところで、ダウンウインド用だが、26,28,30cmの大き目のサイズがあるので、使ってみたい感じ。妄想は続く。

e0080860_2035515.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-03-10 20:39 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2012-10-07 ウインドサーフィン 琵琶湖
 ようやく休日に北西の風が吹いて、琵琶湖にウインドサーフィンに行く。ウインドサーフィンに行けそうな休日で、まともな風に当たったのは、今シーズン初めてで、よく考えてみると、ほぼ1年ぶりのプレーニングコンディション。セイルサイズで5.5がきつくなって、4.7に代えたぐらい、久しぶりの割には良く吹いた。ウインドサーフィンに乗るのは久しぶりでも、ウォータースタート・プレーニング・ジャイブなど乗り方は覚えていたが、今日は、インサイドでブレイクしている波で遊ぶ余裕は全く無く、アウトサイドで、ひたすらイン&アウトを繰り返す。
 今日は、久しぶりなので、水温の感じが分からず、ドライスーツを着たが、琵琶湖の水温は、まだ高めに感じ、日中ならば、シーガルでも乗れそうだった。乗っていても、まだ寒さは感じないので、琵琶湖で乗れる時に乗っておきたいと思う。

e0080860_16452874.jpg

e0080860_2029366.png

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-10-07 20:30 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
DAKINE RACK PAD
 車のルーフキャリアに、DAKINE RACK PADを取り付ける。ようやくWINDSURF・SUPモードになった。今年は、かなり出遅れています。

e0080860_21491010.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-07-08 21:50 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)