CANNONDALE SLATEのライディングポジション調整
 このCANNONDALE SLATE FORCE 1はMサイズですが、乗っているとトップチューブの長さが長く感じ、ハンドルとサドルの位置に違和感があったので、ライディングポジションを調整しました。
e0080860_18123067.jpg

 まずは、完成車のCANNONDALE C2シートポストがオフセットしたタイプだったので、ストレートタイプのTHOMSON MASTERPIECE 27.2X330mmに交換しました。
e0080860_18132134.jpg

 また、FABRICのサドルは自分には合わない感じがあったので、これまでから使っていて気に入っているFIZIK ALIANTE VSXに交換しました。
e0080860_18135994.jpg

 ハンドル周りでは、CANNONDALE C3ステムが長めに感じたので、短めのステムに交換しようと考えましたが、フロントフォークがレフティなので、コラムサイズが通常のロードバイクの1-1/8"と違い、SLATEは1.5インチのワンポイントファイブです。そこで、マウンテンバイク用のTHOMSON X4 75mmに交換しました。75mmの長さであれば、レフティ上部のプッシュボタンにぎりきり干渉しません。これで、ライディングポジションが自分にフィットし、トレイルライドでもコントロールしやすく乗りやすくなりました。
e0080860_18144093.jpg

 あわせて、タイヤをPANARACER GRAVELKINGに交換しました。タイヤボリュームがあるので、グラベルの走破性は良いのですが、ブロックが無いので、斜度のあるルーズな路面はシビアなライディングが必要です。しかし、舗装路からグラベル、トレイルまでのすべての道を走ることを考えると、650Bx42Cの太めのグラベル用スリックタイヤは良い選択だと思っています。以外によかったのが、舗装路の下りで、太めのグリップのあるタイヤに加えて、SRAM FORCEの油圧ディスクブレーキのおかげで安心感があり、スピードが上がる感じがします。
e0080860_221591.jpg

e0080860_2212357.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-09-22 17:25 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(4)
PANARACER GRAVELKING 650B 42C
 CANNONDALE SLATE FORCE 1の完成車に付いているタイヤは、WTB RESOLUTE 650B 42Cです。タイヤサイドの色がスキンで、赤いフレームに似合っていて、見た目はばっちりです。ただ、グラベル用なので低めの小さいノブがあって、マウンテンバイクの感覚からすると軽く走るタイヤなのですが、舗装路では、ロードバイクのタイヤに比べると重く感じたので、太めのスリックタイヤを検討することにしました。
 見た目で考えると、WTB HORIZON 47Cが、スキンサイドで格好良いのですが、SLATEでは、47Cは太すぎて、後輪がチェーンステーに干渉するといった記事もあったので、無難なところで、同じサイズのPANARACER GRAVELKING 650B 42Cにしました。このタイヤの表記は27.5×1.75、650B 42Cになっていましたが、幅が1.75インチだと計算上44になります。42サイズとしては、少し太めかもしれませんが、SLATEの完成車にも採用されているタイヤなので大丈夫だと思います。

e0080860_12111613.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-09-04 12:14 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CANNONDALE SLATE FORCE 1
 待つこと3年。CANNONDALE SLATEのSRAM FORCE 1の1×11のモデルが、2019年モデルとして、ようやく日本向けに入荷したとのことで、早速購入。SLATEは、自宅から舗装路を自走して、グラベルの林道をつないで帰ってくるというような乗り方ができるので、行動範囲が広がるのが期待できます。試しに、SHIMANO XTRのSPDペダルを取り付けて、近くの平坦基調のトレイルを走ってみたところ、30mmトラベルのレフティと650b×42cの太めのタイヤですが、ドロップハンドルのロードバイクがベースになっているので、マウンテンバイクにはないスピード感がとても新鮮でした。SRAM FORCE の油圧ディスクブレーキのおかげで、下りのスピードも上がる感じです。一度、ディスクブレーキ付のロードバイクに乗ってしまうと、重さはどうでもよく、もうリムブレーキに戻れません。このバイクは楽しいです。

e0080860_23203829.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-08-26 22:59 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
SHIMANO DURA-ACE のプーリーに交換
 CANNONDALE SUPERSIXのリア・ディレーラー(ULTEGRA 10S)のプーリーに、走行中に糸くずを巻き込んでしまいました。取り外して清掃するついでに、DURA-ACE 10S用のプーリーに交換しました。
 ULTRGRAのプーリーはブッシュですが、DURA-ACE のプーリーはシールドベアリングなので、回転性は少しは良くなるかもしれません。

e0080860_18133881.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-08-15 18:14 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
PIRELLI P ZERO VELO
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXのタイヤを交換しました。CONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2を約1年、途中で前後を入れ替えて使っていましたが、タイヤのサイドに傷がついて、繊維のほつれがあったので、大トラブルになる前に交換することにして、今回、交換するタイヤは、最近、発売されたタイヤで一番気になっていたPIRELLI P ZERO VELO 23Cにしました。タイヤを触ってみた感じは、軽くてゴムがしなやか。ゴムが柔らかいので、ホイールに装着しやすかったです。また、稲妻マークのトレッドパターンがかっこよく、ホイールに装着する際には回転方向があります。乗ってみた感じでは、以前に使っていたSCHWALBE ONEに似た感じがあり、転がりがスムーズで乗り心地が良い感じがします。下りのコーナリング時のグリップ感も良く、良いタイヤだと思います。これで耐久性があれば文句なしです。

e0080860_18365723.jpg

e0080860_18371251.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-05-02 18:38 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
SHIMANO R-16 バックパック
 マウンテンバイクで使用していたGREGORY MIWOKが経年使用で劣化してきたので、新たにSHIMANO R-16を購入しました。マウンテンバイクだけでなく、ロードバイクのロングライドでも使えるようにと思い、サイクリング用に特化しているシマノのバックパックにしました。Rシリーズは、ウエストベルトのポケットなどの収納スペースが多いし、グローブをつけたままでもファスナーを開けやすいループ、ヘルメットやサングラス、テールライトのホルダーなどがあり使い勝手が良いと思います。なお、このライトは、CATEYE WEARABLE Xです。

e0080860_19362798.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-03-21 19:37 | MTB | Trackback | Comments(0)
MONT-BELL ZEO-LINE M.W. CYCLE UNDER SHIRT
 冬の自転車用アンダーウェア、モンベル ジオライン ミドルウェイト サイクルアンダーシャツ。前面と腕が中厚手、背中が薄手の生地になっており、走行中に保温性を確保しながら、背中が蒸れにくいようになっているので、寒い時のロードバイクにはおすすめです。

e0080860_18205014.jpg
e0080860_1821826.jpg

e0080860_18324487.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-02-14 20:03 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CATEYE WEARABLE X
 CATEYEのテールライトWEARABLE X。USB充電式で発光面のレンズが大きく、結構明るいです。クリップ式でサドルバックに取り付けられますが、クリップが改良されていて、引っかかるところに返しがあり、走行中に落ちにくくなっています。私は念のため、輪ゴムでクリップを止めています。また、シートポストに直接取り付けるゴムバンドも付いています。夕方や夜間に点灯して走行していると、自動車は明らかに距離をとって追い越してくれているので、自動車からの視認性は良いと思います。

e0080860_16101868.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2018-02-12 16:11 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CATEYE VOLT1700
 秋から冬にかけては、日没の時間が早く、暗い夜道を走ることが多くなるので、ロードバイク用のヘッドライトCATEYE VOLT1700を購入しました。LED2灯のUSB充電式で、ライトとバッテリー一体型では一番明るいモデルです。最大光量にすると、明るさはこれまでのライト以上です。自動車からも目立つので、安全な夜間走行には欠かせません。

e0080860_18184384.jpg

e0080860_2105022.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-12-10 18:19 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
しまなみ海道サイクリング
 尾道に行く機会があったので、自動車にロードバイクを積んで行って、ロードバイクでしまなみ海道を走りました。海岸線や島々の橋を渡るコースは、景色が良いです。しまなみ海道は、青のラインが表示してあって分かりやすく、路肩が広く自動車の交通量も少なめで、橋などは自動車道とは区分されていて走りやすく、公衆トイレなども表示がわかりやすく、評判どおり良いコースでありました。
 尾道は、電動自転車をはじめとするレンタサイクルが思っていたより充実していて、一般の観光客の方でもサイクリングを楽しんでおられました。また、尾道U2には、ジャイアントのショップがあって、ロードバイクのレンタルもありました。
 しまなみ海道をロードバイクで走って感じたことですが、地元の方々が、サイクリストに対して歓迎的で優しいところが素晴らしいと思いました。

e0080860_21342917.jpg
e0080860_21345248.jpg
e0080860_21351051.jpg
e0080860_21352989.jpg
e0080860_21354795.jpg
e0080860_2136067.jpg
e0080860_21363944.jpg
e0080860_21365115.jpg
e0080860_21371331.jpg
e0080860_21373088.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-11-24 21:33 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
NAISH HYDROFOIL WINDSURF BOARD
 今日は、琵琶湖でSUPのレースイベントがあり、見学に行ったら、会場のNAISHのブースに、ウインドサーフィンのフォイルボードHOVER 122とハイドロフォイルのTHRUST WS1があったのでチェックしました。お話しを聞いてみたところ、HOVER 122は、フォイル・ウインドサーフィン用としてデザインされているので、セイルアップが容易なボリュームを残しながら、浮き上がってからのコントロールがしやすいらしいです。THRUST WS1は、2列のUSボックスで、ボードに取り付けるようになっていて、取り付け位置は前後に調整できます。フォイルのセッティングは、前のウイングが、体(ストラップを入れた両足)の中心になる位置にするようで、後ろのウイングで、浮き上がりの加減を調整するようになっています。ウインドサーフィンでセイル7.0でプレーニングするぐらいの軽い風の時に、ハイドロフォイルなら5.7で浮き上がるそうなので、ライトウインド用として、とても魅力的なボードです。

e0080860_17501719.jpg

e0080860_1750347.jpg

e0080860_17505058.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-09-09 23:32 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2017-09-02 ウインドサーフィン 琵琶湖
 ここ数日、日本列島の東の太平洋上に台風があるので、琵琶湖は、毎日、秋の北風が吹いていて、今日は、セイル4.7でオーバーのコンディションでした。毎日、北風が吹き続けているので、琵琶湖の水がかき混ざって、水温は8月に比べると下がっていますが、トランクスとスキンのベストで乗れるので、今が、琵琶湖のウインドサーフィンのベストシーズンです。

e0080860_1431219.jpg

e0080860_1431377.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-09-02 23:16 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
2017-08-19 ウインドサーフィン 琵琶湖
 今日は、夕方の北風のサーマル風ねらいで、琵琶湖へウインドサーフィンに行きました。17時頃から吹いてきて日没まで、セイル6.3でアンダー気味ですがプレーニングできました。短時間でしたが、真夏の時期に、水着でウインドサーフィンに乗れる貴重な風でした。

e0080860_15475453.jpg

e0080860_1548990.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-08-19 23:37 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
ウインカーのバルブ交換
 この頃、VOLVO V70XCのリアのウインカーが、オレンジではなく、白く光るようになってきて、取り外してみると、バルブのオレンジのコーティングがはがれていたので、ウインカーバルブを交換しました。自動車用品ショップに行くと、シルバーにコーティングされていて、ウインカーのクリアのリフレクターに映り込みの少ないタイプのバルブもありましたが、光量が暗くなるかもしれないとのことで、車検、輸入車対応のオレンジ色のバルブにして、この機会に左右とも交換しました。交換後のウインカーは、これまでより明るくなりました。

e0080860_16525847.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-08-13 16:35 | CAR | Trackback | Comments(0)
2017-08-12 ウインドサーフィン 琵琶湖
 ようやく琵琶湖に北風が吹いて、ウインドサーフィンに行きました。夏の軽い風でガスティでしたが、6.3のセイルでプレーニングできました。今の季節は、水着で乗れるので快適ですが、先週の台風のせいか、湖岸は流木がたくさん流れ着いていました。

e0080860_8202826.jpg

e0080860_8204241.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-08-12 23:14 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
GARMIN OREGONの液晶保護フイルムの交換
 GARMIN OREGON 650TCJの購入時から付けていた液晶保護フイルムが、雨で濡らしてから、表面が剥離する感じでボロボロになったので、今回は、高硬度のアンチグレア仕様の保護フイルムに交換しました。しっかりした素材のフイルムで、画面が見やすくなりました。

e0080860_17323557.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-07-22 17:33 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
ハイビームのハロゲンバルブ交換
 VOLVO V70XCのハイビームのHB3のハロゲンバルブが切れたので、PHILIPS CRYSTAL VISION 4300Kに交換しました。ロービームはHIDなので、ハイビームを点灯した時の色の黄色さが気になっていて、車検、輸入車対応で、できるだけ白っぽい色のバルブにしました。交換前のバルブより色温度が高いのですが、HIDと比べると黄色い感じがあります。しかし、運転席からの見え方は、以前より、白っぽく明るくなりました。
 昼間は、バルブの色が青いので、ヘッドライトのリフレクターを見る角度によっては、バルブの青が目立ちますが、青はボルボ、スウェーデンのアクセントカラーなので、これはこれで良いかなと思います。

e0080860_23204956.jpg
e0080860_23214324.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-06-24 23:24 | CAR | Trackback | Comments(0)
輪行で日帰りエクストリーム・ビワイチを考える
 「ビワイチぐるっとびわ湖サイクリングマップ」には、滋賀県への行き方が示してあって、公共交通機関の場合、東京や博多から新幹線を使う図になっています。マップの製作者は、1泊2日のビワイチを想定されていると思いますが、輪行の日帰りでどこまで行けるか検討してみました。
 ちなみに、琵琶湖大橋を渡る北湖ビワイチだと約150km。南湖も含めたフルビワイチの場合は、約200kmになります。おすすめは、琵琶湖を反時計回りに走行するコースで、道路の左側車線を走行して、左手に琵琶湖を見ながら走れます。

1 東京からの場合
 新幹線が停車するJR米原駅をビワイチの起終点とする場合、始発は、米原駅に停車する乗り換えなしの「ひかり」では、2017年5月現在のダイヤでは、東京駅6時26分発で、米原駅着8時46分です。最終は、乗り換えなしの「ひかり」は、米原駅発21時04分で、東京駅着23時08分になります。
 この場合、滞在時間は、12時間は確保できるので、走れる人なら、東京から日帰りでフルビワイチも可能です。北湖ビワイチなら確実に走れるのではないでしょうか。もし、途中でトラブルがあった場合、JRが琵琶湖の周りを走っているので、湖西側の場合は、JR湖西線で京都駅まで輪行で行くこともできます。湖東側だったら、JR琵琶湖線で京都駅か米原駅に行くこともできます。京都駅から東京駅までの最終の「のぞみ」は、京都駅発21時37分発になります。
 そのほか、琵琶湖を1周しない場合のオプションとして、米原駅から反時計回りで、JR湖西線の大津京駅か、JR琵琶湖線の大津駅まで走って、JR京都駅から帰るコース。または、米原駅から時計回りで大津駅まで走って、京都駅から帰るコースなども考えられます。

2 博多からの場合
 西日本から滋賀に行く場合、ビワイチの起点は、JR琵琶湖線の大津駅がよいと思います。博多駅の始発の「のぞみ」は、6時08分で、京都駅着が8時54分。JR琵琶湖線に乗り換えて、京都駅発9時07分で大津駅着9時16分になります。最終は、JR琵琶湖線 大津駅発20時47分で、京都駅着20時57分。博多行きの「のぞみ」が、京都駅発21時10分で、博多駅着23時55分になります。
 この場合でも、滞在時間は12時間弱を確保できるので、フルビワイチも可能です。エスケープコースとしては、JR大津駅から反時計回りに行けるところまで行って、JR湖西線のどこかの駅から輪行で京都駅まで帰るコースが考えられます。

 滋賀県は、交通の便が良いので、新幹線を使うと、かなり遠くからでも日帰りで行けます。ビワイチは、天気が良く、自転車の走行に影響する風が無い日に走りたいので、休みの日の天気予報を見ながら、ビワイチを実行する日を、直前でも決められる、輪行の日帰りも選択肢の一つだと思います。

e0080860_22475686.jpg

(ビワイチぐるっとびわ湖サイクリングマップ)
# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-21 22:00 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
ビワイチ「ぐるっとびわ湖サイクリングマップ」
 ビワイチ「ぐるっとびわ湖サイクリングマップ」を入手しました。無料で配布されていますが、自転車で琵琶湖を1周するビワイチの初心者向けに、通行量の少ない道を選んだ、よくできているマップだと思います。欲を言うと、しまなみ海道のように、道路の左路肩に青ラインがずっと引いてあれば、誰もが迷わずに走れるし、ガーミンのGPSでも使えるGPXファイルでルートを提供してもらえるとありがたいと思います。

e0080860_23284164.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-12 23:30 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-05-05 ロードバイク
 前日に100km超えを走り、体にダメージが残っていたので、ロードバイクで湖岸道路沿いを軽めに走りました。今日は、暦では立夏だそうですが、かなり暑く、いきなり夏になった感じです。

e0080860_11295525.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-06 11:32 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-05-04 奥琵琶湖
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXで湖岸道路を奥琵琶湖へ行きました。ウェアは半袖のRAPHA BREVET JERSEYにビブショーツですが、風があったのでBREVET GILETも着用しました。ゴールデンウィーク中でもあって、湖岸道路はビワイチのサイクリストが多く、ビワイチが、いつの間にかメジャーになっているのを改めて実感しました。今日は、行きは追い風でしたが、帰りが向かい風で、後半ダレてしまいました。

e0080860_1032129.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-04 22:22 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-04-28 ROADBIKE
 夕方、ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXで琵琶湖岸を走りました。日没後19時でも薄明るいので、日中の活動時間が長くなってきました。しかし、夕方は安全のため、前後のライトは早めに着けた方が良いです。

e0080860_2312389.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-28 22:57 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
FIZIK SILICON SEATPOST RING
 ロードバイクのサドルの交換を合わせて、シートポストに、FIZIK SILICON SEATPOST RINGを付けてみました。シートポストの径毎のサイズと色違いがあり、31.6mm用の黒にしました。シートポストの高さの記憶や防水用になるとのことです。確かに高さの記憶用としては便利です。

e0080860_1625916.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-27 16:15 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
FIZIK ALIANTE VSX CARBON
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXのサドル FIZIK ALIANTE VSX K:IUMの傷が目立ち、白のサドルが薄汚れてきたので、同じALIANTEのVSX CARBONに交換しました。自分のお尻には、溝付きサドルのFIZIK ALIANTE VSXが一番合っているので、ロードバイクには軽量版のカーボンレールにしました。色も黒になって、車体全体が引き締まった感じになりました。

e0080860_15535593.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-26 15:46 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
モンベル フロントバッグ
 ロードバイクでのロングライド用に、モンベルのフロントバッグを購入しました。取り付け方法は、ハンドルバー部分に2か所、ステムに1か所をベルトストラップで固定します。このフロントバックは左右にジッパー付きのポケットと中央にメインの荷室があり、メインの荷室には、食料、カメラ、小物類、もしもの時の輪行バックを入れ、サイドのポケットには、充電用のモバイルバッテリーが入り、GPSや携帯電話を充電しながら走ることができます。これまで、ロングライドでサドルバッグの入りきらない荷物のある時は、バックパックを背負っていましたが、フロントバックとサドルバックを使う方が、自分の体への負担が少なく感じます。

e0080860_15404832.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-25 15:28 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2に交換
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXのタイヤを交換しました。これまで付けていたMICHELIN POWER ENDURANCE 700x23Cは、ENDURANCEと命名されているだけあって、これまで一度もパンクせず、性能が良いタイヤでしたが、これまで使ってきたタイヤに比べると、減るのが早く、スリップマークがすれすれになってきたので、トラブルが出る前に交換しました。
 次のタイヤはいろいろ悩みましたが、再びCONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2にしました。以前に25Cを付けたことがありましたが、タイヤとフレーム、フォークやブレーキの隙間がわずかで、悪路を走った場合、路面の土などを拾って、タイヤサイドに傷が入ったので、今回は23Cにしました。
 CONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2に乗った感じは、MICHELIN POWER ENDURANCEに比べると、下りカーブでのグリップ感が良く感じました。タイヤの性能は、軽くて速いにこしたことはないですが、ロングライドでパンクトラブルが出ないのがよいと思っています。

e0080860_8184340.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-23 08:01 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-04-22 ROADBIKE
 今日は久しぶりに山岳コースを走りました。晴れていますが、風が強く、ひんやりした天気だったので、長袖ジャージに3/4ビブショーツにジレを着用しました。冬の間は、平坦コースばっかりだったので、坂が課題です。

e0080860_19332253.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-22 19:28 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-04-16 お花見RIDE
 今日は4月ですが、いきなり気温が上がり、夏のような天気になったので、半袖ジャージにビブショーツでロードバイクに乗りました。薄着で乗ると、体が軽く感じ、調子は良かったです。

e0080860_22475282.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-16 22:44 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-04-09 お花見RIDE
 ちょうど桜が満開になってきたので、ロードバイクでお花見RIDEです。今日は肌寒く、長袖ジャージにジャケット、ロングタイツを着用しました。気温が低めなので、桜の花は長持ちしそうです。

e0080860_2238241.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-09 22:35 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-04-02 ROADBIKE
 CANNONDALE SUPERSIXで琵琶湖岸を走りました。オーバーホールしたので、ロードバイクの調子は良い感じです。天気は快晴ですが、北風が強かったので、ジャージの上にRapha Classic Wind Jacketを着ました。しかし、真冬に比べると、もう寒くないです。

e0080860_2247158.jpg

# by BIWAKO_FREERIDE | 2017-04-02 22:51 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)