愛宕山登山
 今日は京都の愛宕山(924m)に登る。清滝からの表参道は、以前に登ったことがあるので、JR保津峡駅からツツジ尾根を登るコースを行く。ツツジ尾根の登り口は、国土地理院の地図の点線の位置と違い、駅を降りて、橋を渡って右に行ってすぐのところ。テープの印もあったので、すぐに分かった。後は尾根道で迷うことなく分かりやすいルートである。登り口から尾根までの取り付きと米買道を過ぎてからが急坂であるが、それ以外は歩きやすい尾根道であった。水尾別れの手前付近で表参道に合流する。頂上付近は雪が積もっていたが、溶けてべた雪なので、アイゼンは必要なし。愛宕神社に参拝し、昼食後、表参道を清滝へ降りる。今日は、補給食として「5個入り薄皮あんぱん」が良く効いた。
 今日の愛宕山は、頂上付近は積雪がありそうで、寒いかもしれないと思って、3層ゴアテックスのパタゴニアのスーパーアルパイン・ジャケットを着て行ったが、天気は晴れて風が無く、登りでは、ベンチレーション・ジッパーを全開にしても暑すぎ。ジャケットを脱いで、キャプリーン3だけで登る。頂上での神社参拝と昼食時には、R2のフリースをジャケットの中に着たが、念のために持っていったナノ・パフジャケットは全く必要なかった。今日の天候ならば、ベースレイヤーとソフトシェルで十分だった。
 あと、今日の登山で全く使い物にならなかったのは、ドコモ・スマートフォンのXPERIAで、インストールしている「地図ロイド」のアプリは、通話圏外でも地図を事前にキャッシュしておけは、内蔵GPSで、現在位置を確認できるのだが、今日は気温が低すぎて、充電池が働かず、電圧が低いせいか、登山途中で勝手にシャットダウンしてしまった。体温で温めて、電源オンにして再起動しようとすると、起動時に、通話圏外なので「ドコモ安心スキャン」が認証できないというエラーが出て、強制終了してしまう。ドコモ安心スキャンをアンインストールしようと考えたが、何回電源を入れ直しても、同じエラーで強制終了するため、登山途中からは全く使えず。結局、携帯の電波がつながるところまで下りてきて、ようやく起動できる。
 今日登った愛宕山は、土地勘はあったし、登山道や標識もよく整備されているので、道に迷ったりすることは無いが、やはりスマートフォンを登山用GPSの代わりにするのは無理なようで、安心のためにハンディGPSが欲しくなってきた。ドコモ安心スキャン(無料アプリ)は、自宅に帰ってから即削除。

e0080860_91773.jpg

e0080860_9175327.jpg

e0080860_9182696.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-12-29 23:30 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://biwakofr.exblog.jp/tb/19435005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パタゴニア京都 2012-12-23 ロードバ... >>