Hi-Wind 2013/04
 ふらっと書店に入ったら、雑誌Hi-Wind 2013/04号がカタログ号だったので購入。2013年モデルのウィンドサーフィン関係のギアが掲載されている。その中でも一番気になったボードは、STARBOARD BLACK BOXで、超ショート&ワイドでスクエアテイルのトライフィン。ボリュームは87Lで、オンショア、ライトウインド用のウェイブボードということで、琵琶湖で乗ってみたいボード。現実的に購入したいボードは、琵琶湖の中風用で、100LぐらいのFREESTYLEWAVEかFREEWAVE系のボード。最近では100L超でも、トライフィンやクワッドフィンのボードもあるが、オンショアだったら、シングルフィンの方がよく走りそうな気がして悩ましい。昨年12月の御前崎ワールドパフォーマンスでは、ビクター・フェルナンデスが、FANATIC FREEWAVE 95Lのトライフィンに乗っていたようで、プロが乗るとフリーウェイブ系のプロダクションボードでも、ここまでのパフォーマンスができるということなので、私レベルなら十分すぎる性能だと思う。なお、現在は円安傾向なので、2014年の海外モデルはもっと値上がりしそうな感じ。そんな中、日本のBURLEIGH HEADSのボードは、良心的な価格設定だと思う。
 セイルは、現在EZZYを使っているので、今年のモデルならTIGERかなと思う。今使っているサイズは、6.3、5.5、4.7の3枚であるが、冬に乗らないと割り切れば、一番小さいサイズは5.0でよさそうな感じもしていて、3枚だったら6.9、5.8、5.0か、6.9、6.0、5.2か、やはり今と同じサイズで3枚か。また、ある程度吹いた時しか乗らないのであれば、6.0、5.0か、5.8、5.0の2枚でもいいかもしれない。LEGACYは、6バテンだが6.5のサイズがあるのが魅力的で、マストパッドなどをオプションにして、価格を下げているようだ。私レベルならLEGACYの6.5、5.8、5.2でも十分のような気もする。
 フィンでは、MAUI FINのSUP用のカイ・レニーも使っている赤いRACINGが目新しいところで、ダウンウインド用だが、26,28,30cmの大き目のサイズがあるので、使ってみたい感じ。妄想は続く。

e0080860_2035515.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-03-10 20:39 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://biwakofr.exblog.jp/tb/19922973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Rapha Hi-Vis Gilet XPERIA Z >>