2019年 02月 22日 ( 1 )
冬のロードバイクウェア
 冬のロードバイクのウェアについて、琵琶湖の周辺を走っていると、風が強く曇り気味で、時々、時雨れたりして寒いので、しっかり防寒できるウェアにしています。
 ジャケットは、RAPHA CLASSIC WINTER JACKET。ベースレイヤーは、PATAGONIAのCAPILINE4 THERMAL WEIGHTかMERINO AIRで、風が無く日差しがあれば、ジャケットにベースレイヤーだけでも寒くありませんが、寒い時は、ベースレイヤーの上にPATAGONIA R1 PULLOVERを着ます。タイツは、とても寒い時は、パット無しのRAPHA DEEP WINTER TIGHTSの下にTHERMAL BIB SHORTSを着ますが、寒さがましな時は、CLASSIC WINTER TIGHTS WITH PADだけの時もあります。寒い時は、頭や耳を冷やさないようにに、POCのヘルメットの下には、RAPHA DEEP WINTER HAT。首元は、WINTER COLLAR。グローブはWINTER GLOVES。ソックスは2枚重ねです。テーマカラーは、蛍光イエローのCHARTREUSEです。

e0080860_23284420.jpg

パタゴニア
by BIWAKO_FREERIDE | 2019-02-22 23:48 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)