カテゴリ:ROAD BIKE( 201 )
SHIMANO DURA-ACE のプーリーに交換
 CANNONDALE SUPERSIXのリア・ディレーラー(ULTEGRA 10S)のプーリーに、走行中に糸くずを巻き込んでしまいました。取り外して清掃するついでに、DURA-ACE 10S用のプーリーに交換しました。
 ULTRGRAのプーリーはブッシュですが、DURA-ACE のプーリーはシールドベアリングなので、回転性は少しは良くなるかもしれません。

e0080860_18133881.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2018-08-15 18:14 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
PIRELLI P ZERO VELO
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXのタイヤを交換しました。CONTINENTAL GRAND PRIX 4000 S2を約1年、途中で前後を入れ替えて使っていましたが、タイヤのサイドに傷がついて、繊維のほつれがあったので、大トラブルになる前に交換することにして、今回、交換するタイヤは、最近、発売されたタイヤで一番気になっていたPIRELLI P ZERO VELO 23Cにしました。タイヤを触ってみた感じは、軽くてゴムがしなやか。ゴムが柔らかいので、ホイールに装着しやすかったです。また、稲妻マークのトレッドパターンがかっこよく、ホイールに装着する際には回転方向があります。乗ってみた感じでは、以前に使っていたSCHWALBE ONEに似た感じがあり、転がりがスムーズで乗り心地が良い感じがします。下りのコーナリング時のグリップ感も良く、良いタイヤだと思います。これで耐久性があれば文句なしです。

e0080860_18365723.jpg

e0080860_18371251.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2018-05-02 18:38 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
MONT-BELL ZEO-LINE M.W. CYCLE UNDER SHIRT
 冬の自転車用アンダーウェア、モンベル ジオライン ミドルウェイト サイクルアンダーシャツ。前面と腕が中厚手、背中が薄手の生地になっており、走行中に保温性を確保しながら、背中が蒸れにくいようになっているので、寒い時のロードバイクにはおすすめです。

e0080860_18205014.jpg
e0080860_1821826.jpg

e0080860_18324487.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2018-02-14 20:03 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CATEYE WEARABLE X
 CATEYEのテールライトWEARABLE X。USB充電式で発光面のレンズが大きく、結構明るいです。クリップ式でサドルバックに取り付けられますが、クリップが改良されていて、引っかかるところに返しがあり、走行中に落ちにくくなっています。私は念のため、輪ゴムでクリップを止めています。また、シートポストに直接取り付けるゴムバンドも付いています。夕方や夜間に点灯して走行していると、自動車は明らかに距離をとって追い越してくれているので、自動車からの視認性は良いと思います。

e0080860_16101868.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2018-02-12 16:11 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
CATEYE VOLT1700
 秋から冬にかけては、日没の時間が早く、暗い夜道を走ることが多くなるので、ロードバイク用のヘッドライトCATEYE VOLT1700を購入しました。LED2灯のUSB充電式で、ライトとバッテリー一体型では一番明るいモデルです。最大光量にすると、明るさはこれまでのライト以上です。自動車からも目立つので、安全な夜間走行には欠かせません。

e0080860_18184384.jpg

e0080860_2105022.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-12-10 18:19 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
しまなみ海道サイクリング
 尾道に行く機会があったので、自動車にロードバイクを積んで行って、ロードバイクでしまなみ海道を走りました。海岸線や島々の橋を渡るコースは、景色が良いです。しまなみ海道は、青のラインが表示してあって分かりやすく、路肩が広く自動車の交通量も少なめで、橋などは自動車道とは区分されていて走りやすく、公衆トイレなども表示がわかりやすく、評判どおり良いコースでありました。
 尾道は、電動自転車をはじめとするレンタサイクルが思っていたより充実していて、一般の観光客の方でもサイクリングを楽しんでおられました。また、尾道U2には、ジャイアントのショップがあって、ロードバイクのレンタルもありました。
 しまなみ海道をロードバイクで走って感じたことですが、地元の方々が、サイクリストに対して歓迎的で優しいところが素晴らしいと思いました。

e0080860_21342917.jpg
e0080860_21345248.jpg
e0080860_21351051.jpg
e0080860_21352989.jpg
e0080860_21354795.jpg
e0080860_2136067.jpg
e0080860_21363944.jpg
e0080860_21365115.jpg
e0080860_21371331.jpg
e0080860_21373088.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-11-24 21:33 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
輪行で日帰りエクストリーム・ビワイチを考える
 「ビワイチぐるっとびわ湖サイクリングマップ」には、滋賀県への行き方が示してあって、公共交通機関の場合、東京や博多から新幹線を使う図になっています。マップの製作者は、1泊2日のビワイチを想定されていると思いますが、輪行の日帰りでどこまで行けるか検討してみました。
 ちなみに、琵琶湖大橋を渡る北湖ビワイチだと約150km。南湖も含めたフルビワイチの場合は、約200kmになります。おすすめは、琵琶湖を反時計回りに走行するコースで、道路の左側車線を走行して、左手に琵琶湖を見ながら走れます。

1 東京からの場合
 新幹線が停車するJR米原駅をビワイチの起終点とする場合、始発は、米原駅に停車する乗り換えなしの「ひかり」では、2017年5月現在のダイヤでは、東京駅6時26分発で、米原駅着8時46分です。最終は、乗り換えなしの「ひかり」は、米原駅発21時04分で、東京駅着23時08分になります。
 この場合、滞在時間は、12時間は確保できるので、走れる人なら、東京から日帰りでフルビワイチも可能です。北湖ビワイチなら確実に走れるのではないでしょうか。もし、途中でトラブルがあった場合、JRが琵琶湖の周りを走っているので、湖西側の場合は、JR湖西線で京都駅まで輪行で行くこともできます。湖東側だったら、JR琵琶湖線で京都駅か米原駅に行くこともできます。京都駅から東京駅までの最終の「のぞみ」は、京都駅発21時37分発になります。
 そのほか、琵琶湖を1周しない場合のオプションとして、米原駅から反時計回りで、JR湖西線の大津京駅か、JR琵琶湖線の大津駅まで走って、JR京都駅から帰るコース。または、米原駅から時計回りで大津駅まで走って、京都駅から帰るコースなども考えられます。

2 博多からの場合
 西日本から滋賀に行く場合、ビワイチの起点は、JR琵琶湖線の大津駅がよいと思います。博多駅の始発の「のぞみ」は、6時08分で、京都駅着が8時54分。JR琵琶湖線に乗り換えて、京都駅発9時07分で大津駅着9時16分になります。最終は、JR琵琶湖線 大津駅発20時47分で、京都駅着20時57分。博多行きの「のぞみ」が、京都駅発21時10分で、博多駅着23時55分になります。
 この場合でも、滞在時間は12時間弱を確保できるので、フルビワイチも可能です。エスケープコースとしては、JR大津駅から反時計回りに行けるところまで行って、JR湖西線のどこかの駅から輪行で京都駅まで帰るコースが考えられます。

 滋賀県は、交通の便が良いので、新幹線を使うと、かなり遠くからでも日帰りで行けます。ビワイチは、天気が良く、自転車の走行に影響する風が無い日に走りたいので、休みの日の天気予報を見ながら、ビワイチを実行する日を、直前でも決められる、輪行の日帰りも選択肢の一つだと思います。

e0080860_22475686.jpg

(ビワイチぐるっとびわ湖サイクリングマップ)
Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-21 22:00 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
ビワイチ「ぐるっとびわ湖サイクリングマップ」
 ビワイチ「ぐるっとびわ湖サイクリングマップ」を入手しました。無料で配布されていますが、自転車で琵琶湖を1周するビワイチの初心者向けに、通行量の少ない道を選んだ、よくできているマップだと思います。欲を言うと、しまなみ海道のように、道路の左路肩に青ラインがずっと引いてあれば、誰もが迷わずに走れるし、ガーミンのGPSでも使えるGPXファイルでルートを提供してもらえるとありがたいと思います。

e0080860_23284164.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-12 23:30 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-05-05 ロードバイク
 前日に100km超えを走り、体にダメージが残っていたので、ロードバイクで湖岸道路沿いを軽めに走りました。今日は、暦では立夏だそうですが、かなり暑く、いきなり夏になった感じです。

e0080860_11295525.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-06 11:32 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2017-05-04 奥琵琶湖
 ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXで湖岸道路を奥琵琶湖へ行きました。ウェアは半袖のRAPHA BREVET JERSEYにビブショーツですが、風があったのでBREVET GILETも着用しました。ゴールデンウィーク中でもあって、湖岸道路はビワイチのサイクリストが多く、ビワイチが、いつの間にかメジャーになっているのを改めて実感しました。今日は、行きは追い風でしたが、帰りが向かい風で、後半ダレてしまいました。

e0080860_1032129.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2017-05-04 22:22 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)