タグ:マウンテンバイク ( 11 ) タグの人気記事
GIRO SWITCH BLADE
 GIRO SWITCH BLADEは、べンチレーションのあるヘルメットに、あごのガードが付いたフルフェイスタイプのMTB用ヘルメットです。全くのフルフェイスよりは、かぶっていても涼しい構造です。あごのガードの部分は、取り外して、普通のヘルメットとしても使えますが、取り外しては使ったことはありません。最初はDH用として、CANNONDALE GEMINIに乗り始めた頃から使っていました。かなり前から使っているので、ヘルメットとしては、耐用年数が過ぎているかもしれませんが、最近のGIROでは、このタイプのヘルメットは見かけないし、これまでで、大転倒して激しい衝撃を与えたことはなかったので、最近では、激しい目のトレイルライドの時に使っています。このヘルメットは、フルフェイスで、あごのガードがある安心感があり、トレイルライドでは、平均速度が若干上がるような気がします。

e0080860_2144654.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2012-02-24 21:05 | MTB | Trackback | Comments(0)
冬のMTBトレイルライド・ウェア
 冬のMTBでのトレイル・ライド用のウェアについて、機能的には、XCレーシング用のジャージやタイツが優れていて、レーシングジャージで乗っていると気合が入って良いのですが、レース本番でもないのに、変に目立ち過ぎるのはどうかなあと思っているので、山の中や街中でも違和感が無い程度のアウトドアスタイルにしています。
 ベースレイヤーは、PATAGONIA・キャプリーン3・ミッドウエイト・ジップネック。寒い時期は中厚タイプ。ジップネックは、体温調節に便利です。
 ジャケットは、ナイン・トレイルズ・ジャケット。基本的に雨が降らない場合に着用します。非常に軽く、背中と脇の下は透湿性のある素材です。冬でも天気が良ければ、中厚のベースレイヤーとジャケットのみで寒くないです。
 休憩中や下りや行き帰りで寒い時は、中にフリースのR1フルジップ・ジャケットを着ます。マウンテンバイクの場合は、トレイルのアップダウンなどで冬でも暑くなるので、ウェアを脱ぎ着して体温調整するのが良いと思います。
 パンツは、L.L BEANのストレッチ素材のスリムタイプのトレッキングパンツ。下にCWXのタイツを着用します。
 その他、非常用工具、予備チューブ、補給食などを入れるバックパックは、GREGORY MIWOK、トレイルでMTBの走行中に、ハンターやハイカーなど他の人に気づいてもらえやすくするためのクマ除けの鈴、シューズはシマノSPDのミドルカットのトレッキングシューズなどです。

e0080860_22343534.jpg

e0080860_22345363.jpg
e0080860_22351017.jpg

パタゴニア
by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-15 22:38 | MTB | Trackback | Comments(2)
THOMSON MASTERPIECE SEATPOST
 折れてしまったカーボンのシートポストに代えて、信頼感のあるアルミのTHOMSONにする。ELITE は、他のMTBにも使っているので、今回は、軽量版のMASTERPIECE にしてみた。MASTERPIECE のパイプの内側は、前後方向に厚みがあって補強されており、今度は折れないだろうと思う。

e0080860_23354669.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2011-08-17 23:36 | MTB | Trackback | Comments(0)
2010-11-21 MTB 竜王トレイル
 11月になって、気候も涼しくなり、MTBでトレイルを走るのに良い季節になってきたが、なかなか行けず、快晴で小春日和の絶好のコンディションとなった今日、ようやく竜王方面に行く。最近、MTBに乗れていなかったので、トレーニングとして、出来るだけ長い距離を走るため、自宅からRAVENで自走。トレイルでは、感覚を取り戻すことを心がけて走行。あとは、XPERIAのGPSの性能のフィールドテストなど、久しぶりなので、課題が沢山であった。
 また今日は、トレイルで、山ガール4名様御一行に遭遇。いきなりMTBでびっくりさせてすみません。雑誌などでは、ファッショナブルな若い女性の「山ガール」というスタイルが取り上げられるようになってきた。「山ガール」は、東京(首都圏)方面のトレンドかと思っていたが、滋賀県のこんな山の中で遭遇するとは、私もびっくり。ブームは来ているのですね。健康的でファッショナブルなトレンドは、アウトドア・スポーツ全体にプラスになると思うので、一過性で終わらず、アウトドア・スタイルとして定着して欲しいと思う。

e0080860_18232436.jpg

e0080860_18235130.jpg

Chain Reaction Cycles
by biwako_freeride | 2010-11-21 18:24 | MTB | Trackback | Comments(0)
熊よけの鈴
 最近、滋賀県内でも、人里に出てきたツキノワグマに人が襲われるというニュースがあった。滋賀県も、湖北では伊吹山系から北、湖西では比良山系から北は、ツキノワグマの生息地域だが、今年は、人里でもかなり目撃されており、異常事態である。
 熊に襲われた方も、奥山に餌がないので、餌を求めて人里に下りてきた熊も、両者ともに、お気の毒ではあるが、山で遊ばせてもらっている立場の自分としては、とりあえず熊に遭遇するのを避けることしかできないので、人の気配を感じさすよう、歩行(走行)中は鈴を付ける、休憩で止まったら爆竹やホイッスルを鳴らすなどしかない。
 雪が降る前に、湖北や湖西方面で行ってみたい山(トレイル)は、たくさんあるが、かつて、伊吹山系で熊を目撃した時や、立ち木に熊の登った爪あとや熊だなを見つけた時の恐怖感を思い出すと、今年はちょっとビビッている。
 熊よけの鈴は、一度に全部付けるわけではないが、いろいろ持っていて、真ん中の黄色の鈴は、マグネット付きのケース付きで、要らない時は消音できるタイプ。右側のベルトに付けるタイプの2連の鈴は音が良く、耳障りでないのでお気に入り。これからの季節は、熊がいないところでも、ハンターの人にも気付いてもらえやすいので、MTBで山の中を走行する時は、鈴があった方が良いと思う。

e0080860_22453666.jpg

by biwako_freeride | 2010-10-31 23:02 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
GREGORY MIWOK 18L
 日帰りのMTB用として、GREGORY MIWOK 18Lを購入しました。元々はトレイルランニング用なので、背負った時のフィット感がよく、このサイズとしては、軽いと思います。気候も、もう十分涼しくなり、やぶ蚊などの害虫も居なくなったようなので、そろそろMTBにも行きたくなってきました。

e0080860_2327975.jpg

by biwako_freeride | 2010-10-24 23:42 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
MTB用グローブの補修
 トレイルライドに使っているFOXのグローブだが、右手で、後輪のギアチェンジとブレーキを操作しているため人差し指を多用しているせいか、指先の部分が薄破れになったので、補修した。
 補修に使ったのは、ウエットスーツ補修用のジャージのシールテープで、グローブの裏側から、カットしたテープをアイロンで熱圧着した。

e0080860_23485113.jpg

e0080860_23491953.jpg

by biwako_freeride | 2009-12-01 23:35 | MTB | Trackback | Comments(2)
FOX FLUX HELMET
 マウンテンバイクのトレイル・ライドで使っているヘルメット。一般的なクロスカントリー・レーシング用に比べて、後頭部までカバーできるタイプ。この色は、ホワイト/グレーというカラーパターンで、遠目に見ると白色だが、白地にグレーのグラフィックが入っている。

e0080860_2304396.jpg

Chain Reaction Cycles
by biwako_freeride | 2009-05-11 22:51 | MTB | Trackback | Comments(0)
PATAGONIA RUNSHADE TOP
 春夏のマウンテンバイク用のウェアです。トレイルを走るので、長袖で、登りで暑い時に、温度調整がしやすいジップネックです。オレンジ系のカラーなので、車道を走る時でも、自動車からは目立つと思います。

e0080860_20461613.jpg

パタゴニア
by biwako_freeride | 2009-04-09 20:37 | MTB | Trackback | Comments(0)
2007-04-21 自転車通勤コース探索
 4月から、自転車で1時間弱で通勤可能な距離のところに転勤になったので、自転車通勤のコースを探索しに行く。
 普段、自動車通勤している道は、朝の通勤時間帯の交通量が多く、途中、道幅が狭く歩道もないところもあり、車を運転しながら、自転車では怖いなあと思っていたので、田んぼの中を通る農道や、集落の中の細い道などを通って、道を探しながら、途中、行き止まりや違う方向へ行ったりして到着した
 通勤コースということで、できるだけ舗装路を通るようにしたが、歩道や舗装の段差があったりして思ったより路面が悪く、パンク対策として、細いスリックタイヤより、今のXC用ブロックタイヤか太めのスリックタイヤが良さそうだ。
 それと、車の運転手から、はっきり認識してもらうのに、やはり目立つ色のウェアの方がよい。もしものためにメルメットやグローブはしているが、自動車に対し、こちらは生身の人間なので、早めに気づかせることが必要である。
 あと、通勤の帰りについて、明るいうちに帰れるとは限らないので、ライトや後ろのポジションライトも要りそう。そもそも、夜に、こんな暗がりの田んぼ道が分かるのか?街灯も無い田んぼの真ん中で、パンクでもしたら大丈夫か?行きはよいよい、帰りはこわい、自転車通勤になりそうである。

e0080860_8371257.jpg

by biwako_freeride | 2007-04-21 23:55 | MTB | Trackback | Comments(2)