タグ:FORCE1 ( 2 ) タグの人気記事
CANNONDALE SLATEのライディングポジション調整
 このCANNONDALE SLATE FORCE 1はMサイズですが、乗っているとトップチューブの長さが長く感じ、ハンドルとサドルの位置に違和感があったので、ライディングポジションを調整しました。
e0080860_18123067.jpg

 まずは、完成車のCANNONDALE C2シートポストがオフセットしたタイプだったので、ストレートタイプのTHOMSON MASTERPIECE 27.2X330mmに交換しました。
e0080860_18132134.jpg

 また、FABRICのサドルは自分には合わない感じがあったので、これまでから使っていて気に入っているFIZIK ALIANTE VSXに交換しました。シートポストとサドルは、とりあえず、マウンテンバイクで使っているのを使用しました。
e0080860_18135994.jpg

 ハンドル周りでは、CANNONDALE C3ステムが長めに感じたので、短めのステムに交換しようと考えましたが、フロントフォークがレフティなので、コラムサイズが通常のロードバイクの1-1/8"と違い、SLATEは1.5インチのワンポイントファイブです。そこで、マウンテンバイク用のTHOMSON X4 75mmに交換しました。75mmの長さであれば、レフティ上部のプッシュボタンにぎりきり干渉しません。これで、ライディングポジションが自分にフィットし、トレイルライドでもコントロールしやすく乗りやすくなりました。
e0080860_18144093.jpg

 あわせて、タイヤをPANARACER GRAVELKINGに交換しました。タイヤボリュームがあるので、グラベルの走破性は良いのですが、ブロックが無いので、斜度のあるルーズな路面はシビアなライディングが必要です。しかし、舗装路からグラベル、トレイルまでのすべての道を走ることを考えると、650Bx42Cの太めのグラベル用スリックタイヤは良い選択だと思っています。以外によかったのが、舗装路の下りで、太めのグリップのあるタイヤに加えて、SRAM FORCEの油圧ディスクブレーキのおかげで安心感があり、スピードが上がる感じがします。
e0080860_221591.jpg

e0080860_2212357.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2018-09-22 17:25 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(4)
CANNONDALE SLATE FORCE 1
 待つこと3年。CANNONDALE SLATEのSRAM FORCE 1の1×11のモデルが、2019年モデルとして、ようやく日本向けに入荷したとのことで、早速購入。SLATEは、自宅から舗装路を自走して、グラベルの林道をつないで帰ってくるというような乗り方ができるので、行動範囲が広がるのが期待できます。試しに、SHIMANO XTRのSPDペダルを取り付けて、近くの平坦基調のトレイルを走ってみたところ、30mmトラベルのレフティと650b×42cの太めのタイヤですが、ドロップハンドルのロードバイクがベースになっているので、マウンテンバイクにはないスピード感がとても新鮮でした。SRAM FORCE の油圧ディスクブレーキのおかげで、下りのスピードも上がる感じです。一度、ディスクブレーキ付のロードバイクに乗ってしまうと、重さはどうでもよく、もうリムブレーキに戻れません。このバイクは楽しいです。

e0080860_23203829.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2018-08-26 22:59 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)