タグ:PANARACER ( 6 ) タグの人気記事
PANARACER CG CX
 CANNONDALE FLASH 29ERの29インチのMTBタイヤを700Cのタイヤに交換。今回交換したのは、これまでMTBで使ってみてタイヤのゴムの品質が良く、調子が良かったPANARACER製で、シクロクロス用CG CX 700×32C。チューブもR-AIR 700×31-35Cにした。29ERのホイール径はETRTO622で700Cと同じ。リム幅は20mmでタイヤ幅32Cだったら大丈夫そうなので、ホイールはとりあえずそのまま使ってみる。
 タイヤを交換する時は、タイヤの内側にPANARACERのタイヤパウダー塗る。チューブをタイヤに装着しやすくなり、チューブがタイヤへ張り付くのを防ぐらしい。また、タイヤのビードには、ビードワックスを薄く塗ると、タイヤをリムにはめ込みやすくなる。
 タイヤに空気を入れてみて、特に問題なさそうなので、舗装路で少し乗ってみると、タイヤ幅が細いのと、CG XCと同じタイヤセンターの縦長のノブのおかげで漕ぎは軽い。タイヤが細いので、見た目がクロスバイクみたいになってしまったが、次はグラベルライドで試してみたい。

e0080860_222096.jpg

e0080860_2221685.jpg

e0080860_2222613.jpg

e0080860_2223865.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2014-11-01 18:46 | MTB | Trackback | Comments(0)
PANARACER CG ALL CONDITION AM
 CANNONDALE GEMINI用の次期タイヤPANARACER CG ALL CONDITION AM 26×2.35。KENDA NEVEGALは、タイヤセンターのノブの間隔が広く、そこがパンクの弱点であるように感じたが、センターのノブのある程度の間隔は、ブレーキの効きや泥はけに必要という意見が多く、結局、NEVEGALに似たトレッドパターンのタイヤにした。PANARACERは日本製で、ゴムの質がしなやかな感じがする。また、タイヤセンターのノブの間隔はNEVEGALより狭めで、タイヤのノブの表面には、スリットがある凝った設計で、グリップ力もありそうなので、トレイルライドに期待大。

e0080860_2150324.jpg

e0080860_18244293.jpg

e0080860_18251670.jpg

e0080860_18253990.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-10-23 21:51 | MTB | Trackback | Comments(0)
PANARACER CG XC 29×2.25 に交換
 昨日、CANNONDALE FLASH 29ERでトレイルに出かけて、自宅に帰ってから、タイヤをチェックしたら、後輪に小石の破片が刺さっていて、取り除いた途端、空気が抜けてパンクしてしまいました。自宅に帰ってからなのでよかったのですが、パンク修理のついでに、タイヤを前後ともシュワルベ レーシングラルフから、パナレーサーCG XC 29×2.25に交換しました。CG XC は、レーシングラルフに比べて、タイヤのノブは大きく高めですが、タイヤセンターのノブのパターンが縦長なので、漕ぎは比較的軽いようです。タイヤのゴムの材質も、柔らかくてしなやかで、トレイルでは良さそうな感じです。また、タイヤのサイドに入っている「PANARACER」のホワイトレターも、見た目に恰好良いと思います。

e0080860_1626655.jpg

e0080860_1626385.jpg

Chain Reaction Cycles
by BIWAKO_FREERIDE | 2012-03-04 16:28 | MTB | Trackback | Comments(0)
PANARACER CG XC 29×2.25
 CANNONDALE FLASH 29ERのトレイル用のタイヤとして、パナレーサーCG XC 29×2.25を購入。
 現在装着しているシュワルベ・レーシングラルフ2.25は、「レーシング」と命名されているだけあってXCレーシング用として、ドライのハードパック路面には、軽くて抜群だと思うが、下りのグリップ感が、フリーライディングで、楽しく下るというより、XCレーシングで上手い人が使うような感じ。コースコンディションにもよるが、ゆるめに楽しくトレイルを走るのには、もう少しブロックが大き目でグリップ感のあるタイヤの方が良いように感じていた。
 トレイル用の29インチタイヤの候補として、レーシングラルフには、2.4の太いタイヤ幅のサイズもあったが、ブロックのパターンは、2.25と似ているのでパス。その他トレイル~オールマウンテン系のケンダ・ネヴェガル2.2、マキシス・アーデント2.25、2.4なども候補だったが、以前26インチMTB用に装着して調子の良かったパナレーサーCG XCにした。レーシングラルフより重いのは仕方がないが、漕ぎの軽さとグリップの両方を目指したタイヤで、トレイル・ライディング用として期待大。

e0080860_23393163.jpg

e0080860_23395156.jpg

e0080860_23401190.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2012-01-20 23:41 | MTB | Trackback | Comments(0)
PANARACER CG XC 2.1 インプレッション
 結論から言うと、このタイヤは良いです。まず、タイヤの見た目は、PANARACERの白文字が目立ってカッコいい。また、タイヤセンターの縦長パターンは、予想どおり漕ぎが軽いです。ドライな路面しか走っていませんが、ゴムの材質が柔らかめでグリップも良かったと思います。
 トレイルまで、舗装路を自走して行って、林道やトレイルを走って帰るというオールラウンドな使い方には、ちょうど良いタイヤだと思います。

e0080860_20295669.jpg

e0080860_20301866.jpg

by biwako_freeride | 2010-05-02 23:55 | MTB | Trackback | Comments(0)
PANARACER CG XC 2.1
 RAVENに付けていたKENDA NEVEGALは、柔らかめのコンパウンドでしっかりグリップし、トレイルでは、抜群のタイヤだが、トレイルまでの舗装路を自走して行ったり、林道を登っていく場合に、もう少し軽く漕げるタイヤがいいなと思っていたところ、パナレーサーのニューモデルCG XCがあったので、即購入。タイヤのセンターのノブが、縦長で、高さも低いパターンなので、漕ぐのは軽くなるはず。タイヤのゴムの材質は、柔らか目だか、NEVEGALみたいに、ネチョとした感じではなく、しなやかな感じがした。また、このタイヤは、前後方向で、ノブのパターンが若干対象ではないが、回転方向の指定が無く、どっち向きに付けても良いとのとこで、まずは、グリップ重視ではなく、転がり抵抗が少なくなる方向で付けようと思う。

e0080860_1212148.jpg

e0080860_1262169.jpg

Chain Reaction Cycles
by biwako_freeride | 2010-04-18 12:02 | MTB | Trackback | Comments(0)