タグ:STRAVA ( 5 ) タグの人気記事
GARMIN ForeAthlete 910XTJからSTRAVAにアップロード
 GPSのトレーニングデーターの管理用ソフトやサイトは、いろいろあるが、これまで使ってきたSTRAVAが使いやすいので、GARMIN ForeAthlete 910XTJからSTRAVAにアップロードする方法を考える。結論からいうと、GARMIN CONNECTにアップロードすると、STRAVAと同期できることが分かったので、付属のANT+USBスティックで、ForeAthlete 910XTJからGARMIN CANNECTを立ち上げたパソコンにデータを無線転送(同期)すると、STRAVAにもアップ出来ている。パソコンを使わずに、スマホだけでアップロード出来ると便利なので、アンドロイドのスマホで、ANT+USBスティックが使えるか研究中。

e0080860_23591277.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-21 00:05 | OUTDOOR | Trackback | Comments(0)
Rapha Festive 500
 私のRapha Festive 500のチャレンジは、ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXの2013年走り納めになった。Rapha Festive 500という、クリスマスイブから大晦日までの8日間で500kmを走るチャレンジが行われているが、年末に、GPSのガーミン オレゴン650を入手してから、ようやく走れたのが、チャレンジ最終日の12月31日の大晦日の午後からのみで、距離にして50km弱しか走れず、DNFでした。このチャレンジは、STRAVAというサイクリングアプリに、GARMINなどのGPS付サイクルコンピュターから、走行データをアップして、記録していくもので、世界中で約3万人がエントリー。また写真などの記録は、Instagramなどの、ハッシュタグ #festive500 で、共有できるようになっている。写真は、 Instagramで撮ってみた。今日は、12月の割には、暖かい部類の天気だったので、1年を締めくくるライドとして、地元、琵琶湖の湖岸沿いを走った。

e0080860_22355769.jpg

e0080860_22364863.jpg

e0080860_22371914.jpg

e0080860_22375293.jpg

e0080860_22382116.jpg

e0080860_22385115.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-12-31 22:39 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
GARMIN OREGON 650TCJからSTRAVAにアップロード
 サイクルコンピューターアプリSTRAVAに、オレゴンの軌跡データーのアップロードを試してみる。先ず、PCとオレゴンをUSBで接続してみたが、ガーミンの製品だが、STRAVAは、オレゴンを自動的に認識しない。ガーミンでもSTRAVAに対応しているのは、EDGEなどフィットネス系のGPSのみのようだ。
 次に、オレゴンのGARMINのファイルフォルダから、直接、GPXファイルをSTRAVAにアップロードしてみると成功。軌跡ファイルのあるGERMINフォルダの構成は、マニュアルに詳しく書いてある。また、ケイデンスなどのトレーニングデータは、FITファイルで保存するようで、軌跡データーは、GPXとFITの両方で保存するよう設定した。

e0080860_23544323.jpg

e0080860_2355754.jpg

 これでオレゴンの軌跡データで、STRAVAも使えるようになった。ちょうどSTRAVAでは、Rapha Festive 500という、クリスマスイブから大晦日までの8日間で500kmを走るチャレンジが行われている。ようやくSTRAVAに、データーをアップロードできるようになったが、残りはあと1日になってしまっている。1日で500kmは無理なので、DNF確定だが、最後の1日はなんとか走りたいと思う。

e0080860_23552591.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-12-30 23:56 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
2013-07-28 ロードバイク トレーニング
 今日は、自転車用GPSアプリのSTRAVAを試しがてら、ロードバイクCANNONDALE SUPERSIXに乗る。スマートフォンXPERIA Zをハンドルバー・マウントに取り付けて、アプリを起動し、RECORDモードでスタートボタンをタップして出発。STATSの画面では、経過時間、距離、平均スピードが表示される。また,MAP VIEWでは、GOOGLE MAPに走ってきたコース、現在地が表示される。良く知らない道を走る時は便利。スマートフォンのバッテリーがどれぐらい持つのかが、気になるので、画面を表示させたままにして、自宅に戻ってゴールボタンをタップ。約3時間ぐらいで、スマートフォンのバッテリーの残量は半分ぐらいだった。1日フルに走ると、バッテリーは厳しい感じ。スマートフォンの画面表示をスリープにして、GPSでログを取るような使い方をすると、もう少しバッテリーは持つのかもしれない。
 気になったところは、ハンドルバー・マウント用のスマートフォンのケースで、画面の部分は、透明のビニールになっているが、スマートフォンの画面に、プライバシー・フィルターを貼っているので、良く見える角度が限られ、マウントの取り付けを微調整する必要があった。
 自宅に帰って、パソコンから、ログデータを見ると、走行時間、距離、平均速度、獲得標高などが表示され、走行を記録していくのに、とても便利で、無料のアプリだが、十分使えます。
 今日は、長命寺から国民休暇村までの湖岸沿いのコースが、木陰もあって快適だったが、それ以外の道は暑すぎて、ペースが上がらず。

e0080860_16142389.jpg

e0080860_16143646.jpg

e0080860_2213892.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-07-28 20:13 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)
スマートフォン用ハンドルバーマウント
 CANNONDALE SUPERSIXに、スマートフォン用のハンドルバー・マウントを取り付ける。画面が大き目のXPERIA Zにちょうど合うマウントが、SONYの製品にあった。
 ロードバイクに乗る時に、自転車用GPSアプリのSTRAVAを使ってみようと思い、本格的なGPSは所有していなが、とりあえずスマートフォンのアプリで試してみるつもりである。また、このハンドルバー・マウントは、カメラを固定できるネジが付いているので、走行中の動画の撮影にも使ってみようと思う。

e0080860_20533264.jpg

e0080860_2054849.jpg

by BIWAKO_FREERIDE | 2013-07-27 20:54 | ROAD BIKE | Trackback | Comments(0)