タグ:SURF ( 6 ) タグの人気記事
PATAGONIA PADDED BIG WAVE VEST
 SUPの時に使っているフローティング・ベストです。プルオーバータイプで、ファスナーなどはありませんが、伸縮性の良い素材なので、ジャストサイズでも、脱ぎ着はしやすいです。11枚のフォームのおかげで、淡水の琵琶湖でも、楽に浮いていられます。元々は、大波のサーフィン用のフローティング・ベストだと思いますが、着ていることにより、SUPでかなり沖に出ていても安心感があります。自然の中で遊ぶことは、絶対に安全ということはないので、自分自身の安全は、自分で守ることが大事です。また、このベストの上に、ウエストハーネスも着けられそうなので、ウインドサーフィンにも使えそうです。

e0080860_23192461.jpg

e0080860_23195245.jpg

パタゴニア
by BIWAKO_FREERIDE | 2014-07-29 23:20 | SUP | Trackback | Comments(0)
パドルのエッジガード
 SUPのパドルを漕いでいると、パドルのブレードのエッジの部分がボードに当たったりしますが、エッジが欠ける前に、何か対策をしておこうと思っていたら、絶縁用のビニールテープで、エッジをガードをされている事例をウェブで発見しました。手持ちの黒のビニールテープがあったので、QUICKBLADE KANAHA ELITE RACE パドルのブレードのエッジに貼りました。お手軽なパドルのエッジガードとして簡単にできます。

e0080860_23403994.jpg

パタゴニア
by BIWAKO_FREERIDE | 2013-08-01 23:42 | SUP | Trackback | Comments(0)
真夏のスタンド・アップ・パドル・サーフ(SUP)ウェア
 真夏のSUPは、日差しが強く、気温、水温とも高いので、基本、水着のトランクスに、あごひも付きの帽子。ラッシュガード代わりに、PATAGONIA CAPILINE 1 のTシャツ。体にぴったりするラッシュガードよりも、軽い着心地で、動きやすい。朝夕や曇って、肌寒い時は、サーフィン用のスキンのベストを着用。風に当たっても冷えないのと、パドルを漕ぐのには、袖が無い方が漕ぎやすい。ビーチサンダルは、ギョサン。価格がお手頃で、丈夫なところが気に入っている。

e0080860_11182475.jpg

パタゴニア
by BIWAKO_FREERIDE | 2012-08-17 11:19 | SUP | Trackback | Comments(0)
DAKINE SUP BOARD BAG 12'3"
 NAISH GLIDE 12' 用のボードバック。NAISHのボードは、エコ・ボードバックが付属しているが、ボード・カバー程度のもので、車内積みにする場合は問題ないが、大きくて重いSUPを、ボードバックに入れたままで、長い距離を運んだりするのには、持ち手の部分が弱く、肩にかけるストラップが無いので不便。また自動車のキャリアに外積みするのには、素材が薄く、少し頼り無く感じたので、DAKINE SUP BOARD BAG 12'3"を購入。バックのサイズは12'3"×32" 、GLIDEは、12'×29 3/4"でちょうど収まる。白色の素材は、汚れが目立ってくるかもしれないが、夏の炎天下の外積みに良さそう。

e0080860_2341080.jpg

パタゴニア
by biwako_freeride | 2010-12-19 23:00 | SUP | Trackback | Comments(0)
2010-07-17 SUP 琵琶湖
 ようやく梅雨明けとなり、強烈な夏の日差しが戻ってきた琵琶湖。少し沖の方まで行くと誰も居ない湖面をSUPでクルージング。かなり暑かったが、岸に上がって水泳場の水道シャワーの冷たい水が気持ちよかった。

e0080860_21354160.jpg

パタゴニア
by biwako_freeride | 2010-07-17 21:36 | SUP | Trackback | Comments(0)
PIVIT BOARD
 この頃の雪やあまりの寒さで、なかなか外に出る気にならないが、これは家の中でも出来て、ちょっとした横乗り系のバランストレーニングになる。溝の付いている円柱形をしたものの上に、下面にレールが付いているスケートボードのデッキみたいなボードを置いて、その上に乗る。ただし家の中でする場合、フローリングの床を傷つけないように、マットが必要。

e0080860_23514336.jpg

パタゴニア
by biwako_freeride | 2005-12-23 23:52 | WINDSURF | Trackback | Comments(0)